ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インフルエンザB型は気がつくのが難しい!? 正しい判断方法と予防対策

  • ガジェット通信を≫

インフルエンザB型は気がつくのが難しい!? 正しい判断方法と予防対策
冬になると気をつけないといけないのがインフルエンザです。

インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類存在しており、それぞれによって微妙に症状や対策方法が異なってきます。

今回は、3種類のインフルエンザの中でも、インフルエンザB型についてご紹介します。

要チェック項目

□インフルエンザB型はヒトからヒトしか感染しない

□インフルエンザB型は高熱が出にくい

□感染に気付きにくく他者へうつす可能性が高い

毎年猛威を振るうインフルエンザ

皆さんは、毎年インフルエンザの予防接種を受けていますでしょうか? 毎年12月くらいまでにかけて、インフルエンザの予防接種を受けることができます。

受けて抗体を作ることにより、インフルエンザの罹患率を大幅に削減することができるのですが、それで安心しきってはいませんでしょうか?

インフルエンザには、3種類の型があり摂取した予防接種の型と違う種類のインフルエンザウイルスを体内に入れてしまうと予防接種の恩恵を受けることができずにインフルエンザにかかってしまいます。

インフルエンザB型は、A型に比べて比較的症状は軽めであることが多く、命が危険に冒されることはありません。

ですが、症状が長引いたりすることが多く、油断することができないインフルエンザであることはまちがいありません。

インフルエンザB型はヒトからヒトへ感染する

インフルエンザというと、動物を媒介としてパンデミックといわれる爆発的大流行を起こすイメージがありますが、それはA型のインフルエンザウイルスであって、

B型のインフルエンザウイルスではそこまでの感染力は発揮されません。

インフルエンザB型のウイルスは、今のところヒト以外の動物を媒介にすることはないです。

濃厚接触を繰り返すことでヒトからヒトへは確実に感染していきます。また、現時点では、その他の動物への感染が認められていませんが、いつ突然変異を起こすかもしれません。

突然変異によりパンデミックを起こす可能性もゼロとは言えないのです。

インフルエンザB型の症状

インフルエンザといえば、風邪の諸症状と高熱をイメージするのではないでしょうか?

これは、一般的にはインフルエンザA型の諸症状であり、B型の場合はまた違った症状が出てきます。一般的なインフルエンザとしての発熱、くしゃみ、鼻水やのどの痛みといった層状は、B型でも起こりえます。

ですが、B型というのは、比較的熱が高くなりにくく、関節痛などの症状も出にくいことが特徴です。そのため、最初はインフルエンザと気づかない人も多いほどです。

また、一般的なインフルエンザと違う症状としては、下痢や嘔吐などの症状がひどくなりやすいということです。

元気な若者であれば、少しつらい程度で終わるかもしれませんが、体力のない高齢者や幼児の場合は、脱水症状により最悪の場合、命の危険にさらされることがあります。

さらに、肺炎や中耳炎を併発することもあるので、注意が必要です。

インフルエンザB型の潜伏期間や検査方法

潜伏期間

インフルエンザB型の潜伏期間は、感染してからおおよそ1~3日とされています。多くの場合が、2日以内に発症することが多く、3日の潜伏期間から発症することはあまりありません。

潜伏期間については、インフルエンザA型と違いはなく、潜伏期間によってインフルエンザの型が推測できるというものではありませんのでご注意ください。

インフルエンザの型を調べるためには、医療機関での検査が必要となります。

検査方法

インフルエンザの検査において、現在最も普及しているのが簡易検査キットによる検査方法です。鼻の奥にある粘液を面貌などで採取して、インフルエンザウイルスの有無や型を調べます。

非常に簡単に検査をすることができ、およそ30分もあれば結果を知ることができます。

インフルエンザB型に感染してしまったら

もし、インフルエンザB型に感染してしまった場合は、基本的には通常のA型に感染してしまった場合の対処方法と同じです。

・病院で薬を処方してもらう
・安静に過ごす
・他者への感染を防ぐために自宅内でもマスクを使用する
・スポーツドリンクなどをこまめにたくさん飲む
・湿度を上げて喉にやさしくする
・栄養摂取を豊富に行う

基本的には体に優しく、ゆっくりと回復を待つのが一番です。そして、最も気を付けなければいけないのが。第三者への感染です。

自宅でもマスクをして、可能な限りウイルスを体外に飛び散らせないようにしましょう。二次感染者を出さないことが一番重要なのです。

また、冬場に風邪をひいてしまった場合は、念のためでもいいのでインフルエンザの検査を行いましょう。早期に発見することができれば、それだけ早く薬の効果を得ることができます。

風邪かと思ったらまず検査を

今回は、インフルエンザの中でもB型の特徴や症状、対策法についてご紹介させていただきました。

インフルエンザB型は、一見気づくのが難しいので、風邪かと思った場合はできる限り早めにインフルエンザ検査を行うようにしましょう。

早期発見により、ほとんど発症させずに回復させることも珍しくありません。今年の冬は、インフルエンザに注意するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【2016-2017年】インフルエンザ流行速報!ワクチン予防接種・感染状況について
なぜインフルエンザ予防接種の料金は毎年変わる?病院や地域での違いについて
インフルエンザ予防接種の有効性・接種率とは?気になる疑問を一気に解決!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。