ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

更に味わいと深みが増したペンタトニックスのホリデー・アルバム第二弾『ペンタトニックス・クリスマス』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本でも大人気のアカペラ・グループ、ペンタトニックスのホリデー・アルバム第二弾『ペンタトニックス・クリスマス』が、2016年11月23日(国内盤)にリリースされた。

 海外では、先立って10月21日にリリースされた本作。11月12日付米ビルボード・アルバム・チャートでは、初登場3位にデビューを果たし、翌週は一旦6位にダウンしたが、翌週再び4位へランクアップし、最新チャート(12月3日付)では2位へ、最高位を更新している。2015年リリースの『ペンタトニックス』に続き、2作連続の首位獲得も期待できそうだ。

 第一弾となるクリスマス・アルバム、2014年リリースの『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』も、最高位2位をマークし、全米だけでも160万枚を売り上げる大ヒットを記録した。本作には、「さやかに星はきらめき」や「リトル・ドラマー・ボーイ」など、ホリデーの定番ソングが収録されていたが、第二弾となる『ペンタトニックス・クリスマス』には、讃美歌の「神の御子は今宵しも」や「ほしかげさやけき」、ビング・クロスビーの大ヒット曲「クリスマスを我が家で」など、日本でも馴染み深いホリデー・ソングが収録されている。

 先行シングルとしてリリ-スされた「ハレルヤ」は、11月7日に死去した、カナダのシンガーソングライター、レナード・コーエンの代表曲で、5人が祈るように歌うセピア色のミュージック・ビデオは、まるで彼を追悼しているかのような内容に仕上がっている。ちなみに、この曲が公開されたのは、アルバムの発売日である10月21日。コーエンが亡くなる前だ。視聴者からは、絶賛のコメントが多数寄せられている。

 その他には、アカペラ・グループの大先輩である、マンハッタン・トランスファーとのコラボ・ソング「ホワイト・クリスマス」や、イン・シンクのクリスマス・アルバム『ホーム・フォー・クリスマス』(1998年)より、「メリー・クリスマス、ハッピー・ホリデイ」のカバーなど、選曲もパーフェクト。何より、ペンタトニックスにしか生み出せない、ハーモニーの美学を充分味わわせてくれる作品になっている。

 それぞれの実力が向上したからか、5人のチームワークがさらに良くなったからか、前作『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』よりも、更に味わいと深みが増した、本作『ペンタトニックス・クリスマス』いよいよ迫るホリデー・シーズンに向け、一家に一枚のマスト・アイテムとなりそうだ。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ペンタトニックス・クリスマス ジャパン・エディション』
ペンタトニックス
2016/11/23 REALESE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ペンタトニックスのクリスマス・アルバムがリリース
ペンタトニックス、最新クリスマス・アルバム全貌公開 国内盤11/23に発売
ペンタトニックス、ライトアップされたNYエンパイア・ステートでパフォーマンス披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP