ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリアナとJ・ハドソンがTVミュージカル共演の意気込みを語る「私たちが歌うって知った時、待ちきれない気持ちになった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の『ザ・ウィズ・ライブ!』や2016年1月にFOXで放送された『グリース・ライブ!』など例年大好評の生放送ミュージカル。今年は【エミー賞】受賞TV演出家アレックス・ルジンスキーと【トニー賞】受賞演出家ケニー・レオンが共同で演出を担当する『ヘアスプレー・ライブ!』が現地時間2016年12月7日に米NBCで放送される。

 『ヘアスプレー・ライブ!』は、1960年代のアメリカが舞台だが今日においても意義のある内容だ。ペニー・ピングルトン役のアリアナがミュージカルに出演するのは初めてではなく、2008年のブロードウェイ・ミュージカル『13』にシャーロット役で出演している。「私の原点がそこだったと知っている人が結構少なくて、とても不思議な感じがするの。人は私のことをキラキラでポップなヤツと認識してるだろうけど、実は私、希代の舞台オタクなのよね」」と、先週アリアナは米ビルボードに明かした。

 “モーターマウス”・メイベル役にはジェニファー・ハドソン。同じくブロードウェイ経験がある彼女はフィナーレでアリアナと「Come So Far (Got So Far To Go)」をデュエットする。「あの曲はとても楽しみ。私たちが歌うって知った時、待ちきれない気持ちになったわ」と、ハドソンは話した。そして「レコーディングは済ませてるけど、まだ舞台上でその瞬間にどうするか決めてないの。とてもエネルギッシュな歌だし、とにかく好きなのよね。レコーディングは楽しかったわ。アリアナと一緒だったからなおさら。彼女のことが大好きだから」と明かした。

 ザック・エフロン主演の2007年の映画版に続き、『ヘアスプレー・ライブ!』はブロードウェイと映像両方の演出を融合させながら、これまでに上演されてきた様々なバージョンへ敬意を払う趣向になる。1988年の映画版のリッキー・レイクや2002年のブロードウェイ・プロダクションのマリッサ・ジャレット・ウィノクールなど、過去にヒロインのトレーシー役を演じた女優たちがゲスト出演する。

 オーディションで選ばれた新人のマディ・バイリーオにとってトレーシー役を演じることは大きな夢だったという。「あのカツラをつけた瞬間にトレーシーになれたの。まるで電球が点灯するかのように、もう私はマディじゃなくて、究極に前向きで究極の負け犬のトレーシーになってた。誰もが彼女に感情移入できるから、演じることができてとても嬉しい」と彼女は話した。

 多くの世代からなる、多様な背景を持つ出演者たちだが、一つだけ全員の意見がまとまっていることがある。それは現在のアメリカの政治的な空気に通じるものがこのミュージカルにはあるということだ。「こういうメッセージを伝えるのにちょうど良いタイミングだと思う」とハドソンは話す。「“ヘアスプレー”みたいな話がまだ存在している理由は、そこに本当のことが描かれているからで、本当のことは時代を超越するの。芸術を通して変化を起こし続けられることを願うわ。」

関連記事リンク(外部サイト)

アリアナ世代だけじゃない! 幅広い層に向けた王道ホリデー・アルバム『クリスマス&チル』(Album Review)
アリアナ・グランデのニューAL完成間近!? スナップチャットで進捗をさらっと明かす
スティーヴィー・ワンダー×アリアナ・グランデ、夢のコラボ曲リリック・ビデオ解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP