ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FTISLAND、進化し続ける5人のエナジーに3,000人が一体になった熱狂の豊洲PIT公演をWOWOWで12/4独占放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

FTISLANDが8月14日にリリースした16thシングル「JUST DO IT」を携えて、8都市12公演で開催した日本ツアー「FTISLAND AUTUMN TOUR 2016 -WE JUST DO IT-」の東京・豊洲PIT公演。日本武道館でファイナルを迎えた本ツアーのなかでも、唯一オールスタンディングとなった会場では「Paparazzi」を皮切りに、ライブハウス独特の親密で熱いライブが繰り広げられた。このライブの模様が、12月4日22:00からWOWOWライブにて独占放送される。

世界を股にかけて精力的なライブを展開する4人の強靭なバンドの演奏とエレクトロサウンド、そこにイ・ホンギ(Vo)のパワフルな歌とラップを織り交ぜた人気曲「BARE」、響きわたるサイレン音のなかで「思いっきり行ってみよう!」というホンギの叫び声を合図にコール&レスポンスとタオル回しを巻き起こした「FREEDOM」。最新ナンバーはもちろん定番曲も斬新なアレンジを加えながら、最新型のFTISLANDを感じさせながらライブは進んだ。「AQUA」など疾走感溢れるナンバーを連射するなかで届けた「アイデンティティ」では、“光のその先へ まだ見ぬ果てへ”と綴るポジティブなメッセージも印象的だった。

メンバー同士が和気藹々と話すMCもFTISLANDのライブの楽しみのひとつ。韓国でラジオ番組のDJを務めるホンギに、チェ・ジョンフン(G)が「良いなー!」と羨ましそうな表情を見せるなど気さくな雰囲気に会場が和む。さらに華やかなポップナンバー「YOU DON’T KNOW WHO I AM」や「Shinin’ On」でフロアを軽やかに踊らせたあとは、「暑いだろ?ちょっと涼しくいってみようか」と、しっとりと届けたアコースティックゾーンへ。

「僕らは(韓国に)戻ってもずっと忙しいんですけど、またみなさんは僕らと会える時間があると思うので楽しみにしていてください!」(ホンギ)。そう言って、最後に再会の約束を交わすと、韓国でリリースされている最新6thアルバム「Where’s the truth?」から、一際スケール感のあるヘヴィで骨太なロックナンバー「Out of Love」などを披露して、熱狂のなかメンバーはステージを去って行った。アンコールではディスコ風の軽やかなビートが心地好い最新シングル「JUST DO IT」でホンギが観客と一緒に振り付けで踊りを披露。まさにラストスパートとばかりに、爽快なピアノロックにバンドの全てを込めて届けたメンバーは、ステージ前面で強く手を取り合ってライブは幕を閉じた。

特設サイトではFTISLANDのインタビュー動画を公開中。また、WOWOW加入者限定プレゼントキャンペーンとして、FTISLAND×WOWOWオリジナルタンブラーを100名にプレゼントする。応募は12月31日まで受付中。

番組情報
FTISLAND AUTUMN TOUR 2016 -WE JUST DO IT-
2016年12月4日(日)22:00 WOWOWライブ
収録日:2016年9月29日
収録場所:東京 チームスマイル / 豊洲PIT
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/ft/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP