ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ドイツ」観光でやるべき12のコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパのほぼ中心に位置するドイツは東西南北各方面に魅力のある都市があるといってもいいでしょう。

周辺国からのアクセスもよく中継地点としてたくさんの旅人が訪れるドイツですが、僕のおすすめはドイツ周遊旅です。

美しい街並みや美味しい食事、そしてドイツと言えばもちろんビール。ドイツを全て満喫するためにやるべき事を紹介いたします。

*編集部追記
2015年7月に公開された記事に追記しました。

 

ノイシュバンシュタイン城の美しさに感動しよう!!(フュッセン)

photo by robef

ドイツの南に位置するフュッセンはとても小さな村ですが、世界中から多くの観光客がやってきます。その目的はノイシュバンシュタイン城という古城を見るためなんです。

ドイツは古城が多いことで有名ですが、ノイシュバンシュタイン城は古城の中でも最も人気のある城だと言えるでしょう。

 

東京ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったと言われるノイシュバンシュタイン城は別名白鳥城と呼ばれており、白い外壁がとても美しいんです。

近くにある湖には本物の白鳥もいるので、運が良ければノイシュバンシュタイン城と白鳥のコラボも見れちゃうかもしれないですね。
■詳細情報
・名称:ノイシュバンシュタイン城
・住所:Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau
・アクセス:ミュンヘン中央駅(München Hbf)特急などで約2時間→フュッセン駅(Füssen)→バス約8分→ホーエンシュヴァンガウ(Hohenschwangau)
▷詳しいアクセス方法はこちら
・営業時間:8:00~17:00
・電話番号:+49 8362 930830
・料金:大人12ユーロ(予約手数料1.8ユーロ)、駐車場5ユーロ

 

 

名物白ウインナー“ヴァイスヴルスト”を味わおう!!(ミュンヘン)

photo by sho

ドイツでウインナーを食べたいと思っている方も多いのではないでしょうか?ドイツには地方によってその地方のウインナーを味わうことができるんです。

中でも珍しいのはミュンヘンのウインナー“ヴァイスヴルスト”という白ウインナーです。仔牛肉にパセリや香辛料を混ぜたすり身を白い皮で包んだソーセージです。

一般的には皮をナイフで切り裂き、中身のみにマスタードをつけて食べます。是非ミュンヘンで白ウインナーを食べてみてくださいね。

 

どこを切り取ってもオシャレな世界遺産の街を感じてみよう!!

ローテンブルク

photo by Game of EPL5 & LUMIX G20/F1.7

ドイツにはロマンチック街道と呼ばれる道があります。ロマンチック街道の中には様々な街がありますが、僕のおすすめはローテンブルクと言う街です。

一歩街の中に入り込むとそこはレトロなおもちゃの家が立ち並ぶとても可愛い街。どこを見渡しても続いていくカラフルな街並みはを歩いていくと、自然に笑顔がこぼれてくること間違いないでしょう。
シュネーバルというボールのように丸いクッキーが名産のローテンブルク。是非甘いお菓子を食べながら、可愛い街並みを歩いてみてくださいね。
■詳細情報
・名称:Rothenburg ob der Tauber
・住所:Marktplatz 191541 Rothenburg o.d.T(市庁舎)
・アクセス:鉄道「フランクフルト」から「ヴュルツブルグ」で乗り換え、「シュタイナッハ」まで行き再度乗り換え、約3時間程
・オススメの時期:クリスマス
・公式サイトURL:http://www.rothenburg.de/startseite-top/

 

レーゲンスブルク旧市街とシュタットアムホーフ

photo by shutterstock

レーゲンスブルク旧市街とシュタットアムホームは、ドイツ南東部のドナウ川とレーゲン川の合流点に位置し、街全体が世界遺産として登録されています。

ドナウ川にかかる石橋を渡り、レーゲンスブルク旧市街の反対側に位置するのがシュタットアムホーム。

ドナウ川沿いに建つカラフルな建物が目を引くこのエリアは、激しい世界大戦の中で幸いにも攻撃から逃れた為、今の美しい光景を保っています。

あまり知られていない穴場スポットなので、ゆっくりと観光を楽しめるでしょう。
■詳細情報
・名称:レーゲンスブルク旧市街とシュタットアムホーフ
・住所:Old Town of Regensburg with Stadtamhof
・アクセス:レーゲンスブルク中央駅から徒歩15分

 

バンベンク旧市街

photo by shutterstock

バンベンク旧市街の絵に描いた様な街は、約1000年前から変わることなく美しさを保っています。

「バイエルンの真珠」とも呼ばれ、1993年に世界遺産に認定されました。街の中で最も存在感を放つ建物が、バンベンク大聖堂です。

クリスマス時期になると駅から旧市街までの道のりに屋台が出て、いつもとは一味違う街を楽しめるので、クリスマス時期はオススメです。
■詳細情報
・名称:Town of Bamberg
・住所:96047 Bamberg
・アクセス:ミュンヘン中央駅からICEで約2時間半(2時間に1本)
・オススメの時期:クリスマス

 

リューベック旧市街

photo by shutterstock

リューベック旧市街は「バルト海の女王」と呼ばれ、運河に囲まれた美しい街並みが広がります。

ユーロ導入前の紙幣に刻まれるほど美しいリューベック旧市街の見どころは、ハンザ同盟の重要な決定がされた場所、「市庁舎」です。

見学はガイドツアーのみ行っているので、是非お見逃しなく!
■詳細情報
・名称:リューベック旧市街
・住所:Holstenplatz 1 23552 Lübeck
・アクセス:ハンブルク中央駅からリューベック中央駅までREで約45分
・電話番号:+49-4518-899700
・公式サイトURL:http://www.luebeck.de/

 

東西ドイツを分け隔てた壁を見にいこう!!(ベルリン)

photo by sho

ドイツが数年前まで東ドイツと西ドイツに分かれていたことをご存知の方は多いと思いますが、東と西を分断していたのがベルリンの壁です。

すでに崩壊している部分がほとんどのベルリンの壁ですが、まだ一部には壁が残っており、壁には様々な絵が描かれています。

 

是非ベルリンを訪れた際はベルリンの壁を見に行きましょう。また、崩壊したベルリンの壁の一部を購入することもできますので興味がある方はお土産にしてもいいでしょう。

 

インドとドイツの融合?“カリーヴルスト”を食べよう!!(ベルリン)

photo by sho

ウインナーにかけるソースと言えばなんですか?ケチャップ?マスタード?ベルリン発祥のカリーヴルストはその名の通りカレーをかけて食べるんです。

カレーといっても日本やインドで食べるカレーとは異なり、具材は入っていないものになります。辛い味がお好みの方はカレースパイスを自分でトッピングすることも可能です。

ドイツ全土で食べることができるカリーヴルストですが、本場ベルリンで食べてみてくださいね。

 

今まで見たことのないぐらい巨大な聖堂を見上げよう!!(ケルン)

photo by sho

ケルンにあるケルン大聖堂ですが、初めて見た方は必ずその大きさに驚く事でしょう。目の前にたった時に自分の視界では追いつかないほどの大きさを実感し、全体を見るために目をキョロキョロしてしまうでしょう。

外観の大きさはもちろんすごいのですが、僕のおすすめは中に入ってからのステンドグラスとろうそくの美しさです。

圧倒的な迫力の外観が動ならば、落ち着いたステンドグラスとろうそくの光は静。静と動を感じる事ができるケルン大聖堂を見逃さないように!!
■詳細情報
・名称:ケルン大聖堂
・住所:Domkloster 4, 50667 Köln
・アクセス:フランクフルト国際空港直結列車(Frankfurt(M) Flughafen Fern Bahnhofからケルン中央駅(Köln Haupt Bahnhof)下車
▷詳しい行き方はこちら
・営業時間:11月~4月(6:00~19:30)5月~10月(6:00~21:00)
・電話番号:+49 221 17940555
・料金:入場無料
・オススメの時期:12月

 

世界で一番有名なグミ発祥の地へ行こう!!(ボン)

photo by sho

グミと言えば“HARIBO”と答える人が多いのではないでしょうか?

今や世界中で愛されているその弾力と様々な味わいで大人気のHARIBOがドイツのボンという街発祥のグミという事をご存知の方は本当のHARIBOファンです。

 

ボンにはHARIBOの専門ショップがあり、世界中で売られているご当地HARIBOを含めたほぼ全てのHARIBOを買う事ができます。

日本では販売されていないHARIBOもあり、いろんな味のHARIBOを量り売りで買う事もできます。ここで買い物をすればHARIBOショップのオリジナルバッグももらえますよ。是非お土産にどうぞ!!

 

草原の中に立つ小さな世界遺産のヴィース巡礼教会を訪れよう!!(ヴィース)

photo by sanfamedia.com

ロマンチック街道から少し離れ場所にヴィースという場所があります。そこには草原の中にぽつんとたたずむ世界遺産のヴィース巡礼教会があります。

外観はとてもシンプルな教会であり、草原の中に立つ小さな家のようなのですが、中に入るとその美しさに驚くことでしょう。

 

ヨーロッパで最も美しいロココ様式の一つと言われているヴィース巡礼教会の中には「鞭打たれる姿のキリスト像」が涙を流したという奇跡が起きたという話があります。

その事より「奇跡の教会」と呼ぶ人も多いようです。
■詳細情報
・名称:ヴィース巡礼教会
・住所:Wies 14, 86989 Steingaden
・アクセス:フュッセンからGarmisch-Partenkirchen Bahnhof行き(9606番)乗車
▷詳しい行き方はこちら:
・電話番号: +49 8862 932930

 

歌を歌ってかんぱ〜い!!本場のドイツビールをドイツ人と一緒に味わおう!!

photo by sho

ドイツと言えばビール!!こう連想する方がほとんどでしょう。ドイツは世界有数のビール生産・消費大国です。場合によってはコーラや水よりも安くビールを買うことができたりします。

もちろんドイツ人はビールが大好き。ドイツでは乾杯をする時に“Ein Prosit(アイン・プロージット)”という歌を歌うんです。非常に簡単な歌ですので是非覚えて近くにいるドイツ人の方と乾杯をしましょう!!

「アインス ツヴァイ ドライ ズッファ! プロースト!」

 

オクトーバーフェストではしゃぎまくろう!!!(ミュンヘン)

photo by sho

毎年ドイツの各都市で行われているビールの祭典オクトーバーフェストですが、ビール好きな方やお祭り好きな方には是非訪れていただきたいと思います。

その規模はみなさんの想像をはるかに超えており、会場内に建てられたいくつもの巨大なテントは常に大勢の人で溢れており、ものすごい賑わいです。

 

可愛い民族衣装を着た人たちと一緒に歌って踊って飲んで騒いでください。

会場には遊園地も設置されていますので、お酒が飲めない方も楽しめますよ!!

 

ブンデスリーガで日本人選手を応援しよう!!

photo by Vintage85

ドイツで有名なスポーツといえばサッカーです。ドイツにはブンデスリーガと言うサッカーのプロリーグがあります。

ブンデスリーガでは日本代表経験のある香川真司選手や内田篤人選手、岡崎慎司選手が活躍中です。

シーズンもありますので一年中という訳にはいきませんが、サッカー好きな方はドイツでブンデスリーガを生で観戦してみてはいかがでしょうか?

 

また、サッカーにあまり興味のない女性の方に朗報です。ドイツのサッカー選手のイケメン率の高さは世界屈指ですよ!!

お気に入りのドイツ人サッカー選手を見つけると楽しさも増えるかもしれないですね!!

 

世界一のオーケストラを見に行こう!!

photo by foilman

音楽好きなら誰もが知る、ベルリンに拠点をおくベルリンフィルハーモニー管弦楽団。そのレベルは世界一と言われています。

1882年に発足し、数々の大物音楽家と共演したことでその名を世界中に広めました。団員達の多くは世界中のオーケストラで活躍した後、ベルリンフィルに入団をします。

その為、トップスターが結集するまさに天才達のオーケストラ!

初めてオーケストラを聴くという人は、日本からのコンサートチケット付きパッケージツアーも販売しているのでそちらがオススメです。
■詳細情報
・名称:フィルハーモニー(Berliner Philharmonie)
・住所:Herbert-von-Karajan-Str. 110785 BerlinGERMANY
・アクセス:Potsdamerpl.駅から徒歩10分
・電話番号:+49 3025 4880
・オススメの時期:9月~翌年6月
・公式サイトURL:http://www.berliner-philharmoniker.de/

 

ドイツで周遊旅をやってみよう!!

ドイツはヨーロッパのほぼ中心に位置しており、様々な国からのアクセスも良く世界一周のルートを組むと知らない間に何度もドイツを訪れてるなんて事もあります。

国土も広く、見所が点在しているドイツですが、アウトバーンという高速道路のようなものもあり長距離移動も非常にスムーズであり高速バスも比較的安いため旅がしやすいんです。

見てよし、飲んでよし、食べてよし!!ドイツを100%満喫してくださいね!!

関連記事リンク(外部サイト)

ドイツ国内にあるお城ベスト7
第2話 世界遺産や絶景だけが全てじゃない!ドイツ・デュッセルドルフの4つの魅力
ドイツの世界遺産を美しく捉えた絶景写真・画像6選
「ダーリンは外国人」の舞台!ドイツ観光局がベルリン旅行が当たるキャンペーンを実施中!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP