ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nスペで話題沸騰 「遺伝子解析がん治療革命」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「がん医療」の現場で、従来の常識を覆す新たな治療法が試みられている。遺伝子を解析することで、同じ部位のがんであっても患者によって異なる“原因”を突き止め、ピンポイントの治療を施す「プレシジョン・メディシン(精密医療)」と呼ばれるものだ。「オーダーメイド治療」ともいえる、がん治療現場の最前線を追う。

「がん治療に革命をもたらすことは間違いないでしょう。今までは、敵の正体がよく分からないまま“絨毯爆撃”をしていたようなものでしたが、この治療法はがんの『本当の原因』を調べ、新たな“武器”を使って狙い撃ちするようなものなのです」

 こう語るのは、世界最先端のがん研究を行なう国立がん研究センター東病院の大津敦・病院長だ。同病院の取り組みを紹介した『NHKスペシャル』(11月20日放送)の「“がん治療革命”が始まった~プレシジョン・メディシンの衝撃~」での内容は、がん患者やその家族、医療関係者をはじめ、多くの反響を呼んだ。

 番組では、肺がんのステージIVで「余命2年」と宣告された48歳の女性が、宣告から5年目を迎えた今も元気に生活している様子が映し出された。

 この女性に施された最新の抗がん剤治療法が「プレシジョン・メディシン」だ。この治療法は、近年明らかになった「がん細胞増殖のメカニズム」を利用したものである。

 そのメカニズムとは、「人間の体を構成する遺伝子が傷ついて変異を起こすと異常なたんぱく質を生み出し、それががん細胞を増殖させる」というもの。また、遺伝子変異の起こり方は、たとえ同じ部位のがんであっても患者によって異なることが分かっている。

 そこでプレシジョン・メディシンは、まず患者の体内からがん細胞を採取して遺伝子を解析する。遺伝子変異のタイプを見極めた上で、最適な「分子標的薬」を選び患者に投与するのである。分子標的薬とは、新種の抗がん剤で異常なたんぱく質の働きを抑える効果がある。前出・大津氏が次のように解説する。

「従来の抗がん剤は正常な細胞まで傷つけることで副作用が大きかったが、たんぱく質だけを標的にする分子標的薬は比較的副作用が少ない。加えて、がんの原因そのものに対応する薬を使うことで、従来の抗がん剤では効果が十分でなかった患者さんにも効く確率が高くなり、より長生きすることが期待できます」

 この遺伝子解析による最新治療は、海外でも注目されている。アメリカでは昨年1月、オバマ大統領がプレシジョン・メディシンを「今後の医療の柱にする」と宣言している。

◆「保険適用」が待たれる

 日本では、昨年2月から、全国200以上の医療機関と15の製薬会社が参加し、遺伝子解析を使ったがん治療を臨床試験する大規模プロジェクトが始まっている。プロジェクトを統括する事業代表者が前出の大津氏だ。

 実は、前述した肺がんの女性も、この臨床試験に参加した一人。遺伝子を解析したところ、見つかった遺伝子変異に対応する薬は、肺がんではなく、「甲状腺がん」のための分子標的薬だった。その薬を投与したところ、1か月でがんの縮小が見られた。

 同じく臨床試験に参加した48歳の男性は、22歳の時に大腸がんを患って、5回の手術と抗がん剤治療を受けてきた。今年5月に再発した際には、「もう手術は無理」と告げられた。遺伝子解析の結果、彼の遺伝子変異に対応する薬は皮膚がんの一種であるメラノーマの治療薬だった。そして投与から2か月後、なんとがんは43%も縮小したという。

 別のがんの治療薬によって“がんが消えた”のである。プレシジョン・メディシンが「がん治療の考え方を根本から変える」とされる理由はそこにある。これまでのがん治療は臓器別の“縦割り”で考えられていたが、最新治療では、どの種類のがんでも遺伝子変異別の“横割り”で治療を考えていくというのである。

 現在、プロジェクトは臨床試験の段階のため、限られた患者しか受けられていない。しかし、プレシジョン・メディシンを自由診療で行なっている医療機関がある。その一つが北海道大学病院だ。

「検査費用は解析する遺伝子の数によって約40万~約100万円です。検査期間は2~5週間かかります」(がん遺伝子診断部)

 同病院に通う子宮体がんの女性は、乳がんと腎臓がんの薬を使っており、自由診療のために薬代も月90万円に上るという。1日も早い保険適用化が待たれる。前出・大津氏がいう。

「課題は、判明した遺伝子変異の“型”に対応する薬が存在しないケースがあることです。ですが、新薬は次々と開発されている。製薬会社がプロジェクトに参加しているのも、遺伝子解析データを共有することで、新薬開発につなげる狙いがある。国への承認申請が最大の目的なので、おそらく2~3年後には保険適用になり、多くの施設でプレシジョン・メディシンが行なわれようになるでしょう」

 がん治療革命が完成すれば、がんは治る病気となりうる。日夜努力する医師たちにかかる期待は大きい。

※週刊ポスト2016年12月9日号

【関連記事】
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
70年代後半のがん治療 週刊誌では民間療法、心霊手術も紹介
先天性の遺伝でがん発症する人 全患者の5~10%に過ぎない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP