体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【香港】フォトジェニックな店内!シノワズリ漂う極上チャイニーズ「上海灘」

シノワズリ漂う空間で、ラグジュアリーにチャイニーズを楽しむ──。そんなとっておきの時間が体験できるのが、香港の「China Tang(チャイナ・タン)」です。香港に拠点を置く、世界的ファッションブランド「上海灘」の創業者・デビッド・タン卿が手がけるゴージャス&エレガントなインテリアのなか、その雰囲気に負けないくらい極上のチャイニーズを味わってみてはいかがでしょうか。

「上海灘」の創業者がインテリアを担当

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)China Tang

「上海灘(シャンハイタン)」というインテリア&ファッションブランドをご存知でしょうか。こちらは、香港発(名前は「上海」ですが)のトータル・ライフスタイル・ブランド。1930年代の上海租界をテーマにした、大胆なデザイン、鮮やかな色彩のファッションを提案し、東洋と西洋が融合したオートクチュールを展開しています。ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京にもショップがあり、洗練されたアジアンテイストは、ハリウッドセレブの間でも人気。鮮やかな色合いのインテリアや雑貨類も心をときめかせます。

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)China Tang

その「上海灘」を創業した実業家・デビッド・タン卿がインテリアを手がけるレストランが、「China Tang(チャイナ・タン)」です。これまでセントラル(中環)に店舗があり、香港マダムのランチスポットとして、香港のおしゃれ人のディナースポットとして人気を博していた同店が、2016年6月、香港随一の巨大ショッピングモール「ハーバーシティ」に香港2号店をオープンしました(ちなみに、同レストランの1号店は、英国・ロンドンのドーチェスターホテルにあります)。

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)kelly

東と西の美しい部分を抽出し、独特の美しい世界観を作りあげることにたけた、タン卿の美意識は健在。色彩豊かで、優雅な空間はとてもフォトジェニックです。

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)kelly

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

ミシュラン認定!美味しくて、手軽な、香港の「ストリートフード」4選

東西の「いいところ取り」をした華やかなチャイニーズ

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)China Tang

料理もインテリアに負けないくらい、ゴージャス&見た目も華やか! 広東料理をベースに、中国各地の料理の要素を取り入れたもので、こちらも「いいところ取り」を踏襲しています。

メニューは本格的なチャイニーズからオーソドックスな点心まで多彩。

【香港】「上海灘」の世界観の中、ラグジュアリーなチャイニーズに舌鼓
(c)China Tang

ロブスタービスクのスープがたっぷり入った、「小籠包」もぜひ賞味したい逸品です。上海料理の代表格ともいえる「東坡肉(トンポーロー)」も洗練されています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。