ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今更聞けない!マーガリンとバターの違いって何?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トーストや炒め物など、本来はバターを使いたいところだけど、高いからマーガリンで代用しているご家庭も多いと思います。風味が似ているし、バターとマーガリンの違いを知らない若者も結構いるんだとか。そこで、バターとマーガリンの違いについてご紹介したいと思います。

バターは動物性油脂

バターの原料はほぼ(80%)牛乳です。牛乳を攪拌して分離した脂肪分を抽出して固めたものがバターになります。牛乳は牛の乳ですから、動物性の脂肪ということになりますね。現在商品に「バター」と記載してよいものは乳脂肪分が80%以上、水分が17%以下と法律で決められているんです。
コクがあって香りも良く、牛乳と同じようにビタミンA.Bやカルシウムも含まれています。動物性脂肪は私たちの体に不可欠で血管を強くしてくれる働きがありますが、摂りすぎるとコレステロールが高くなり、血液がドロドロになったり生活習慣病の心配が出てきます。カロリーが高いので摂りすぎると肥満になる危険も。

マーガリンは植物性油脂

バターの原料は牛乳でしたが、マーガリンの原料は主に大豆油、菜種油、コーン油、オリーブ油などの植物油で、これらが80%以上使用されているものをマーガリン、80%以下のものをファッドスプレッドといいます。ファッドスプレッドは油分が少ないためカロリーが少なめでさっぱりしていて、チョコレートやバニラなどの風味をつけることも許されています。マーガリンはバターよりも香りは少ないですがあっさりしていて、固さも柔らかくなめらかです。

マーガリンは体に悪いって本当?

動物性油脂と植物性油脂という違いはわかったけれど、栄養素的にはどうなのでしょうか?動物性油脂には、私たちの体のエネルギーのもととなり血管を強くする働きがある飽和脂肪酸が豊富に含まれています。飽和脂肪酸は常温では固体で固まりやすい性質があるので、摂りすぎると血液がドロドロになる恐れが。これに対し植物性油脂には体内の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。
でも、マーガリンが体に良くないという話を聞いたことはありませんか?マーガリンの原料である植物性油脂は本来オイルのように液体のもの。これをバターのように固めるために硬化油脂を添加するんです。その結果できるのがトランス脂肪酸。トランス脂肪酸は摂りすぎると善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす働きがあるため心疾患などが起こりやすくなるといわれ、国民全体の摂取量が多い欧米では規制の動きもあります。
日本人はそこまで摂取量が多くないとはいえ、ファストフードや揚げ物を多く食べる人はマーガリンの使い過ぎには注意したほうがいいかもしれません。

似ているけれど、全然違うバターとマーガリン。どちらも適量ならば体に良い食品なので、上手に使い分けたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP