ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : Daydream Viewが無くてもYouTube VRなどのDaydreamアプリを利用する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の Daydream View ヘッドセットが無くても Daydream 対応アプリを手元のスマートフォンで実行する方法を紹介します。Google の純正 VR システム「Daydream」を利用するには Daydream 対応のスマートフォンと Daydream View を準備する必要があります。これらはまだ日本では発売されていないので試すことができませんが、Daydream アプリが利用できる端末、Cardboard などの簡易 VR ヘッドセット、もう一台のスマートフォンがあれば試せます。まずは「Daydream」アプリが実行できるスマートフォンを用意してアプリを起動します。その後、VR ヘッドセットのセットアップの画面で Reddit に投稿された QR コードを読み取ると「Daydream test」とのペアリングが行われ、Daydream 対応アプリを利用することが可能になります。Daydream 対応アプリを実行するには Daydream 専用のコントローラーが必要になりますが、別のスマートフォンを代わりに使えるようにと Google はコントローラーエミュレーターを公開しており、このアプリをインストールすると、別のスマートフォンをコントローラーとして利用できます。コントローラー端末とのペアリング方法は Daydream View に付属している本物のコントローラーとは異なるので下記のリンク先の手順をよく見て行うようにしてください。Source : Google

■関連記事
「駅すぱあと」のスマートフォンサイトに終電を簡単に検索できる「酔っぱらいモード」が追加
カシオのAndroid Wearスマートウォッチ「WSD-F10」が米Amazonで$399に値下げ(セール情報)
アールビーズ、世界のマラソン大会にエントリーできる「RUNNET GLOBAL」を2017年1月に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP