ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遭遇したら怖い?それともより幸せに?世界の未確認生物5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にもさまざまな未確認生物がいると言われいますが、世界にも有名な未確認生物が数え切れないくらい存在します。中には遭遇すると危険な種も! そこで世界の未確認生物5種とそれらに出くわしてしまったときの対処法も合わせてご紹介。

【日本】カッパ(河童)

日本を代表する未確認生物といえばカッパでしょう。河童は日本の水魔で、浅い池や川に生息し、魚のうろこに覆われた猿のようだと言われています。人の生き血を吸って生きているそう。

魔法使いがどのようにカッパを操るかといえば、河童をだましておじぎをさせるらしいです。おじぎをすると、頭の皿から水がこぼれ、河童は全ての力を失うとか! また、魔法使いじゃなくてもご安心を。自分の名前を刻み込んだキュウリを放り投げることで、その名前の人には悪さをしないようにできるそう。カッパ伝説の残る岩手県遠野市に行く際は、自分の名前を刻んだキュウリを持ち歩いた方が安心かも!?

【チベット】イエティ(雪男)

偽物か本物かは定かではありませんが、イエティはUMA(未確認動物)としてたまに撮影されていますね。そんなイエティはチベット原産でトロールと親戚の関係と言われています。背丈は大きいもので5メートル近くあり、頭から足まで純白の毛で覆われているそう。
 
イエティの通る道筋に迷い込んだ人や物は何でも貪り食べますが、火を恐れるので、熟練した魔法使いなら撃退することができるとか。残念ながら普通の人であったら、遭遇した際の対処法はないに等しいでしょう。できるだけ遭遇を避けたい生き物です。

【ヨーロッパ】マーピープル(セイレーン)

ギリシャ神話に登場する海の怪物。見た目や生活習慣はさまざまでなぞのベールに包まれた神秘的な存在です。スコットランドのセルキーアザラシ、アイルランドのメロウなど呼び名が複数あり、共通点は音楽を愛好するというところ。

古代ギリシアの長編叙事詩、ホメロスの『オデュッセイア』では、セイレーンは世にも美しい歌声で船を難破させ、乗員を殺してしまうという恐ろしい生き物だと綴られています。もし船旅の途中でセイレーンの歌声が聞こえてきたら、耳を塞いで歌声が聞こえないようにし、自分の体をマストに縛り付け、セイレーンの誘惑に負けないようにしなければいけません。この方法でオデュッセイアの乗員は生き延びることに成功したそうです。

■あわせて読みたい
【初登場首位!】ハリポタ新章『ファンタビ』の魔法動物(ビースト)4選
旅先で怪奇現象にあったときの対処は、江戸時代の旅行ガイドブックに学べ!
【連載】海外の嘘のような本当の話/第2回「イギリスには狼男や吸血鬼に襲われた時のための保険がある!?」

【エジプト、インド、中国】フェニックス(不死鳥)

不死鳥は白鳥大のすばらしい真紅の鳥で、金色の長い尾、くちばし、鉤爪を持つと言われています。エジプト、インド、中国に生息し、山の頂に巣を作るそう。体が衰え始めると炎となって燃え上がったあと、灰の中から雛としてよみがえることができて大変長寿。穏やかな性質で、殺生をした記録はいまのところありません。歌の魔力を持ち、心正しき者にはさらなる勇気を与え、悪しき者の心を恐怖に陥れるとか。フェニックスの涙には強力な癒しの力があるそうです。

清らかな心の持ち主はフェニックスに遭遇したらきっと喜びを得られるでしょう。しかし、悪しき者だった場合、覚悟しておく必要があるかもしれませんね。

【北ヨーロッパ】ユニコーン(一角獣)

よくファンタジー映画や小説に登場するユニコーンは、北ヨーロッパの森全体に生息する美しい動物。仔馬は黄金色ですが、成熟する前に銀色に変わり、純白の角が生えた馬になるとか・・・。ユニコーンの角、血、たてがみなどの毛は、強い魔法特性があり、通常は人との接触を避けているそう。駿足なので、捕獲するのは非常に難しいらしいです。

ユニコーンに遭遇したときの対処法は特にありませんが、まず出会える確率が非常に低いかも。たとえ出会えたとしても、一瞬で目の前から走り去ってしまうでしょう。

未確認生物に出会いたい! と思うのなら『UFO、心霊現象、UMA情報満載!「世界最恐スポット祭りに行ってみた」』で語られている場所に行くのもありです。不思議な体験が待っているかもしれませんよ。

ここで紹介した未確認生物は劇中にこそ出てきませんが、11/23に公開される『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の中では、魔法の力を持つ魔法動物と言われています。

実は魔法動物たちは、魔法使いたちがかけた魔法で人間には極力見えないようになっいるのです。しかし、ネッシーや河童は、その魔法が解けたときにたまたま人間に見つかってしまったそう! 映画ではもふもふ可愛いいたずら者から、魔法も効かない獰猛な魔法動物がニューヨークの街で波乱を巻き起こします!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
公開日:11月23日(水・祝)、 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:fantasticbeasts.jp
公式Facebook:www.facebook.com/fantasticbeastsjp/

参考:J.K.ローリング著『幻の動物とその生息地』
[All photos by Shutterstock.com]

■あわせて読みたい
【初登場首位!】ハリポタ新章『ファンタビ』の魔法動物(ビースト)4選
ネッシーに出会えなくても訪れたい。静寂さえも美しい、神秘的なネス湖
トルコの田舎町デニズリのUFO博物館が面白すぎる!

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP