体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クアラルンプールの天気と気候に合う服装~おすすめ観光地と空港アクセス~

クアラルンプールの天気と気候に合う服装~おすすめ観光地と空港アクセス~
Photo credit:Keita「東南アジア周遊3カ国目 マレーシア」

Photo credit:Keita「東南アジア周遊3カ国目 マレーシア」

こんにちは。Compathy Magazineのmizuno shihoです。
マレーシアの首都、クアラルンプールは、イスラムやインド、中華をはじめとした多種多様な文化が混合する観光地。さまざまなモスクや寺院など各文化の影響が見られる街並みが広がっており、日本人にも人気の高い海外旅行先となっています。
そんなクアラルンプールを観光する際に気になるのが、現地の天気や服装について……。今回は、クアラルンプールの気候情報とおすすめの服装、また空港からのアクセスや観光スポットなどの便利情報について紹介します。

安定的な気候を楽しむ!クアラルンプールの天気の基本情報

Photo credit:Hitomi Sato「あなたの知らない美しすぎるマレーシア!ピンクとブルーのモスク、赤のまぶしいマラッカをめぐるカラフルな旅」

Photo credit:Hitomi Sato「あなたの知らない美しすぎるマレーシア!ピンクとブルーのモスク、赤のまぶしいマラッカをめぐるカラフルな旅」

熱帯雨林気候に属しているマレーシアの首都・クアラルンプールは、年間を通して日中平均気温は27〜33℃と高い気温が特徴です。日本のようにはっきりとした四季がなく、大きく雨季と乾季に分かれています。クアラルンプール旅行のベストシーズンは特に無く、1年中安定した気候のもとで観光を楽しむことができる都市と言えるでしょう。

クアラルンプールでは雨季に限らず、1年を通して急激な雨が降るスコールに見舞われる可能性があります。そのため常に雨具の携帯が必要になるでしょう。
ただしスコールは短時間で終わることが多く、雨が止んだ後は気温が下がり過ごしやすい気候になります。スコールに遭遇した際は、屋内で雨が止むまで待機するのも良いですね。

スコールや冷房の対策も!クアラルンプールでおすすめの服装とは

Photo credit:LWYang via flickr cc

Photo credit:LWYang via flickr cc

クアラルンプールは1年を通して気温が高いので、Tシャツや短パンなど日本の夏と同様の服装がおすすめです。ただし日差しが強いので、日焼け対策もしっかりと行うようにしましょう。また突然のスコール対策として、濡れてもすぐ乾くサンダルを履くのも良いですね。
屋外の暑さとは対照的に、ホテルやショッピングセンターなどの屋内では冷房が強めに設定されていることがあります。屋内に長時間滞在する場合は、長袖のシャツやカーディガンなどの羽織りものを持ち歩いておくと安心です。

観光地であるモスクや寺院などの見学の際には、男性は短パン、女子はノースリーブやタンクトップなど、肌の露出が多い服装が禁じられている場合があります。現地ででスカーフやスカートの貸し出しが行われている場合もありますが、肌の露出は最低限に抑えておくと良いでしょう。

今日の天気は?クアラルンプールの週間天気予報・気温

雷雨の可能性
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会