ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RADWIMPSが「ROCK KIDS 802」リスナーの学校で公開収録、12/5にオンエア決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo by 渡邉一生
M802のオールリクエスト番組「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!」。11月22日に、RADWIMPSをゲストにむかえ、リスナーの通う学校で公開収録を実施した。

また、この模様を12月5日の「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-」番組内でオンエアすることが決定した。

オフィシャルレポート
ティーンから絶大な人気を集める FM802 の「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-」。これまでもリスナーの学校に赴き公開収録を行ってきた同番組が、11月22日、翌23日にアルバム「人間開花」の発表を控えたRADWIMPSを迎え、大阪夕陽丘学園高等学校で公開収録を開催した。

彼らの「前前前世」が主題歌の映画「君の名は。」が大ヒットし、最近、その音楽を耳にしない日がないほど人気の RADWIMPS。そんなメンバーと 3 人を目の前に大興奮の生徒たちが繰り広げた熱い約40分間をレポートする。

実は今回の収録には過去最多の応募が殺到。その中から選ばれたとあり、生徒たちはまさにお喜び。収録前の先生による説明の時点で既に拍手が起こるなど、沸き立ち方が凄まじい。もちろん番組 MC・落合健太郎の登場にもどよめくが、「RADWIMPS!」の大コールでメンバーが姿を現すと、会場の体育館が割れんばかりの歓声が起こる。

「こういうの(学校での公開収録)は初めてで…」(野田)と照れ気味の3人だが、「当時(高校生時代)を思い出すよね。さっき(生徒の)机、見ちゃった♪」(桑原)と飾らない人柄で空気を和ませる。まず始まった高校時代を振り返るトークでは、武田が吹奏楽部だったという話に、なぜか生徒からは「え〜」の反応。思わず苦笑する3人の表情が間近で見られるのも公開収録ならではだ。

また当時のバンド活動秘話や、ちょっと笑える昔のバンド名も暴露。さらに新作「人間開花」について話がおよぶと、「音楽を鳴らせることの幸せを感じた」(野田)、「レコーディングが楽しくて…」(武田)という言葉も。現在のバンドの充実ぶりが伝わって来る。

その後、生徒からの質問タイムでは「(人生の)壁にぶつかった時の対応は?」という問いに、野田が自身の経験を重ねて答えたかと思えば、「スラップベースのコツを教えて」には、武田が立ち上がりエア演奏プラス“弾けてる顔”も実演。ほかにも「君の名は。」に関連させ「メンバー内で入れ替わるなら?」という質問には、3人は独自の視点から回答を展開。たっぷりとさまざまな話を聞くことができ、生徒たちも大満足の表情に。

そして「若いエキスをもらいました(笑)」(桑原)、「肌がピチピチになりそうです(笑)」(野田)と締めに向かうが、ここで野田が生徒大感激のサプライズ!「歌いますか!」と「前前前世」を弾き語ることに!!これには言うまでもなく、生徒たちからうれしい悲鳴が上がる。

そして優しさあふれる今日だけの「前前前世」が響き渡り、感動のうちに収録は終了した。この貴重な思い出はきっといつまでも生徒の記憶から消えることはないだろう!

今回のトーク部分の模様は、12月5日21:00〜の「ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!! -」でオンエア。お聴き逃しなく!

Text by 服田昌子

番組情報
「ROCK KIDS 802-OCHIKEN GoesON!!-」
日時:12月5日21:00〜23:48
DJ:落合健太郎
https://funky802.com/rockkids/

関連リンク

RADWIMPS オフィシャルサイトhttp://radwimps.jp/
RADWIMPS レーベルページhttp://www.emimusic.jp/artist/radwimps/
RADWIMPS オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/RADWIMPS

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP