体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android携帯を360度カメラに変える「Insta360 Air」はiPhone版よりお手ごろ価格!

デジタル・IT
Insta360 AirTechableでは以前、iPhoneに取り付けて360度撮影を可能にするアダプタInsta360 Nanoを紹介した。そのInsta360にAndroid携帯版「Insta360 Air」が登場した。

・かわいい球状デザイン

AirもNanoと同様、スマホのコネクタにさして使うが、Nanoのデザインがメモリスティック状なのに対し、Airは球状となっているのが唯一の大きな違いだ。

使い方はほぼ同じで、コネクタにさすと自動的にアプリが起動し、撮影可能な状態となる。

Insta360 Air3・VR撮影モードも

アプリでは、広角レンズ2つでとらえた画像や映像がリアルタイムに自動でつなぎ合わせられる。ユーザーはただシャッタボタンを押すだけで360度撮影ができるという、かなりお手軽なガジェットなのだ。

ちなみにアプリではSphere、Flat、Planetなどの撮影モードのほか、今流行りのVRもサポートする。

Insta360 Air2・撮影してすぐにシェア!

専用カメラではなくスマホで360度撮影ができるというのは、撮影しているものをすぐに誰かとシェアできるということを意味する。

アプリからワンタップでYouTubeにアップしたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに投稿したりして楽しむとよさそう。

AirはNanoより安く、また他の360度カメラよりお手ごろ価格なのもうれしい。

今ならクラウドファンディングサイトIndiegogoで99ドル(約1万1000円)〜となっていて、出資はあと1カ月ほど。斬新な映像をSNSなどにアップしたいという人は要チェックだ。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

Insta360 Air/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会