体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年広州国際モーターショーに登場した、日本メーカーの車たち

▲この人、人、人による熱気が伝わるだろうか。好景気の時代は一段落ついたようだが、中国の自動車に対する興味は尽きない模様

▲この人、人、人による熱気が伝わるだろうか。好景気の時代は一段落ついたようだが、中国の自動車に対する興味は尽きない模様

世界最大級のモーターショーで活躍した日本車たち

2016年11月19日から27日にかけて行われている広州国際モーターショー。まずは上記写真をご覧いただきたい。これはプレスデー(報道関係者向けの公開日)の模様だ。彼の地の自動車熱がいかに盛んか、ご理解いただけるだろうか。

どのような手段を使ったのかはわからないのだが、一般の方が多数入場していて度肝を抜かれた。アナ雪コスチュームを着た現地の子供が車の前でポーズを決めている様子もあり、なんともエネルギッシュなショーであった。今回は、そんな盛況の広州国際モーターショーで登場した日本車をご紹介していきたい。

▲広汽トヨタによるAセグメントハッチバック、ヤリスにセダンモデル、ヤリスLセダンが新たに設定された。この変更を機に兄弟車である、一汽トヨタ製(このあたりが中国の自動車事情の複雑なところだ)のヴィオスにもセダンモデルが設定されている

▲広汽トヨタによるAセグメントハッチバック、ヤリスにセダンモデル、ヤリスLセダンが新たに設定された。この変更を機に兄弟車である、一汽トヨタ製(このあたりが中国の自動車事情の複雑なところだ)のヴィオスにもセダンモデルが設定されている

▲トヨタ肝いりの1.2Lダウンサイジングターボは、中国では2016年春の北京モーターショーで発表された。このエンジンを搭載したモデルが、写真の広汽トヨタ レビンターボ。兄弟車である、一汽トヨタのカローラ1.2Tはショー直前に発表されている

▲トヨタ肝いりの1.2Lダウンサイジングターボは、中国では2016年春の北京モーターショーで発表された。このエンジンを搭載したモデルが、写真の広汽トヨタ レビンターボ。兄弟車である、一汽トヨタのカローラ1.2Tもショー直前に発表されている

▲残念ながら、日本では活躍の場を失ってしまった、トヨタ RAV4も中国では健在。最新のキーンルックを採用するなど、細かな改良を実施することで商品性の大幅な向上が図られた。エンジンラインナップは2Lと2.5Lが設定されている

▲残念ながら、日本では活躍の場を失ってしまった、トヨタ RAV4も中国では健在。最新のキーンルックを採用するなど、細かな改良を実施することで商品性の大幅な向上が図られた。エンジンラインナップは2Lと2.5Lが設定されている

▲北米市場でも大ヒットを記録している、ホンダ シビック(現地では東風ホンダ製)に1Lの3気筒ターボエンジン搭載車が新設定された。日本市場に復活するというウワサもあるだけに、このエンジンを搭載したモデルが設定されるのか、気になるところ

▲北米市場でも大ヒットを記録している、ホンダ シビック(現地では東風ホンダ製)に1Lの3気筒ターボエンジン搭載車が新設定された。日本市場に復活するというウワサもあるだけに、このエンジンを搭載したモデルが設定されるのか、気になるところ

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会