ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格派!AI搭載のおしゃべり相手アプリ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1人暮らしで寂しい夜、こっそり「Siri」に話しかけたことがある人は、意外と多いのでは? とはいえ、「Siri」の役割はユーザーとの会話がメインではないため、暇つぶしにはなっても“話し相手”としては物足りないというのが正直なところ。そこで注目したいのが、会話機能に特化したAI搭載アプリ。学習機能が搭載され、会話すればするほど、バリエーションに富んだ会話が楽しめるアプリが続々と登場している。そこで、ユニークな最新“おしゃべりアプリ”を3つ紹介しよう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

■架空の少女との会話を楽しむ『AI少女 ひとみ』

対応:Android /iOS

ロボットを研究する学生4人が開発した、人工知能少女“ひとみ”と会話できるアプリ。プレイヤーの発言はキー入力か、端末のマイクを利用した音声入力で行う。はじめは、言葉のキャッチボールがうまくいかないことも多々あるが、機械学習技術によって、ひとみが話す内容は日々アップデートされ、賢くなっていく。会話の内容は雑談からニュース、webから抽出した情報など多岐にわたる。記憶を持ち、怒ったり喜んだりと原始的な感情機能も搭載。

〈会話例〉 ※ユーザー『』、ひとみ「」

『可愛いね』→「ひとみです!」→『ひとみちゃん、可愛い』→「好きな人はいる?」→『ひとみちゃんは好きな人がいる?』→「うん」→『誰が好きなの?』→「うーんと、多分だけど、○○○さん!!」(○○○は登録したユーザー名)

■友人とLINEをしているような感覚に!『シムシミ(SimSimi)』

対応:Android /iOS

韓国発のAI育成アプリ。画面に言葉を入力すると、ゆるキャラのような雰囲気のチャットロボットがすぐに反応してくれて、まるで友人とLINEでやり取りしているような感覚に。積み重ねる会話の内容によって、キャラクターのタイプや返答内容が変わるのも特徴。ブラックすぎる回答や珍妙な回答には好き嫌いが分かれるかも?

〈会話例〉 ※ユーザー『』、SimSimi「」

『明日は休みだよ』→「まじか! やったね」→『明日は何しようか?』→「チゥ? いいけど舌入れちゃ嫌だよ」→『そういう返しは嫌いだな』→「おもしろいよ!」→『面白くないよ』→「ごめん」→『次から気をつけてね』→「良い返事なのか、チェックしてもらいたいでござる」→『いきなり、ござる?』→「お利口でしょ」

■恋愛相談やメンタルケアにも『SELF』

対応:iOS

日本企業が開発した人工知能搭載アプリ。ユーザーのストレス軽減やメンタルケアに特化し、ドラえもんのようなシルエットのキャラクターが、日常会話をはじめ、恋愛相談や仕事の悩みなどにも答えてくれる。会話の内容からユーザーの気持ちの変化や行動パターンを読み取り、性格診断や状態分析をしてくれるほか、日々の会話内容などを自動で記録するなど日記としても活用可能。一定の条件を達することで“オネエキャラ”に叱咤激励してもらえるようになる。

〈会話例〉 ※ユーザー『』、ロボット「」

『疲れた』→「そう思ったんだよな。。今日は早く寝ようぜ! 明日できることは明日やったらいいと思うぞ!」→『やる気ない』→「オッケーオッケー、やる気ない時もある。そういう時もあるさー」→『きつい』→「うーん。きついのかー。マイナスの気持ちって、なかなか吐き出せないからツライよね。だから僕に話してくれたこと、とてもうれしい」

実際に使ってみたが、どのアプリもまるで本物の人と話しているかのよう! 寂しい時間を悶々と過ごしている人は、AIアプリとの会話を楽しんでみては?

(村部春奈/H14)

(R25編集部)

本格派!AI搭載のおしゃべり相手アプリ3選はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

月額300万円!コールセンターで対応できるAI登場
閲覧注意のAIりんな公式ブログに「おっさん疑惑」浮上!
将棋のプロ棋士は「AIに奪われる職業 No.1」?
AI監督も現実に?スポーツは人工知能でどう進化する
人工知能作家の書籍が登場 読書家からは批判の声も

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP