体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬は南の島で働くことにしました —渡り鳥プロジェクト—

f:id:atsushimatsuoka:20161124203155j:plain

暑い季節は涼しいところへ、寒い季節は暖かいところへ。快適な環境を求めて移動しながら、どこでも同じように働けることをめざす「渡り鳥プロジェクト」。

今回は連載第7回目です。これまでの回では「渡り鳥として飛び立つまでに懸念されること」を洗い出してきました。つまり事前準備編です。たとえば「移動先ではクルマが必要ではないか」 「飼っている猫を留守中にどうするのか」 「しばらく不在にすることを取引先に伝えるべきか」といったトピックです。他にも、飛び立つ前の準備として「身軽な働き方を実現するために試したこと」 「いま住んでいる東京をどうとらえるか」などについても語ってきました(過去の連載はこちら)。

うれしいことに周りから「渡り鳥プロジェクト読んでますよ」なんて声をいただくことが増えました。楽しく読んでもらえて、実にありがたいことです。ただ、話題に出してもらうたびに「まだ鳥になれていませんけどね」と、自虐的に反応する自分がいたのも事実です。渡り鳥になりたい、冬は暖かい場所へ飛び立ちたい、そんな理想を語りつつも、なかなか行動に移せていないジレンマをずっと抱えていたのです。

もしかしたら周りのみんなや読者のみなさんに「準備はいいから、早く飛び立っちゃいなよ」と、内心思われていたかもしれませんね。自分でもそう思います。うん、そろそろ飛び立っちゃっていいんじゃないでしょうか。

「やる」と決めてから見えることがある

思えば7年ほど前に今の会社(ハイモジモジ)を立ち上げたとき、僕は何の準備もしませんでした。起業したらどんなリスクがあるだとか、何が必要になるのかなど、ほとんど何も考えず、無計画に登記を進めていきました。とにかく「会社をつくる」とだけ決めて、何の事業をするのかさえも決めていなかったほどです。

f:id:atsushimatsuoka:20161123231814j:plain

デスクとパソコンしかなかった会社設立1年目

それでもいざ設立してみたら「あれもやりたい」「これもやりたい」とアイデアが沸き、詳しい人に話を訊いたり、一緒に取り組んでくれそうな人に声をかけたり、逆に困難なことがわかって軌道修正したりと、いろんな物事が動き出しました。結果的に文房具をデザインし、販売するメーカー業をメインにしていく今の形に落ち着いたのですが、それも当初は企図していなかったことです。

「やる」と決めてから見えることがある。動き出すことがある。この「渡り鳥プロジェクト」も、まだ不十分かもしれないけれど、とにかく飛び立つことを決める。そこから始まることもある……そんな気がしています。

決行するなら1月か

「ニッパチ」という言葉があります。日数の少ない2月の「ニ」と、お盆休みがある8月の「ハチ」をあわせてニッパチ。この両月は売上げが下がるから気をつけろという意味で、あらゆる業界でよく耳にするフレーズです。もちろんニッパチの傾向は文房具等を販売しているわが社にもあるのですが、実際のところは1月がもっとも売上げが落ちます。

なぜなら年が明けてしばらくは、どこの会社も取引先への挨拶回りに奔走したり、通常営業のペースをつかみ切れていなかったりで「お仕事」が流通しないからです。みなさんの業界もそういう傾向ありませんか?

f:id:atsushimatsuoka:20161123232011j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。