ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

建築が好きすぎて「超異質な写真」が誕生。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


建築コミュニティをネットサーフィンしていると、
あっという間に時間が過ぎる。
Googleマップで新しい場所を探しては、
現地へ足を運んで撮るーー。

と、ドイツ人フォトグラファーのトビアス。ここで紹介する写真は、1枚につき8分間ほど露光して撮影し、詳細がくっきりわかるように加工したものだそうだ。建築美を強調して見せたいと「BoredPanda」にコメント。エッジがききまくりなので、実物を見たことがある人でもきっと驚く。

ドイツ・ケルン
セントラル・モスク


アメリカ・ボストン
スタタ・センター(MIT)


ドイツ・ベルリン
リエージュ=ギユマン駅


ドイツ・ベルリン
テンポドローム


ドイツ・ベルリン
シェル・ハウス


ドイツ・ベルリン
シュプレードライエック


ドイツ・デュッセンドルフ
市内


ドイツ・ベルリン
市内・シュッツェン通り


ドイツ・ハンブルグ
シュパイヒャーシュタット(倉庫街)


オランダ・ロッテルダム
キューブ・ハウス


オランダ・フローニンゲン
市内

その多くはドイツ付近で撮影されたもの。今後は、イタリア、イラン、スペイン、ドバイなどを訪れたいと話してくれた。旅をしながら建築や料理の写真を撮ることをライフワークにしたいのだとか。FacebookInstagramには、ほかにも魅力的な作品がたくさんある。

答え合わせはネットでカンタンにできるんだけど、できることなら実際に行って確かめてみたいものだ。Reference:BoredPandaLicensed material used with permission by Tobias Gawrisch.

関連記事リンク(外部サイト)

国内唯一の建築模型展示施設「建築倉庫ミュージアム」がOPEN(6月18日〜)
元建築家がスイーツを作ったらこうなった。
「ある希望」を抱いて、犬の写真を撮り続けるフォトグラファー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP