ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過去の金メダル獲得は「?個」 プライド高き日本男子バレーのカン違いに未来はあるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全日本男子バレーボールの新監督に中垣内(なかがいち)祐一氏(48)の就任が決まった。本格始動は来年春からになる。このニュースに「また?」と思ったファンは多いのではないだろうか?

 

“また?”というのは、「また日本人の監督か」という意味だ。

 

男女新監督発表の会見で、日本バレーボール協会の木村憲治会長は、ビーチバレーを含めてメダル4個を目標に掲げたが、正直本気で言っているのかと耳を疑った。特に男子の監督選考には疑問の声が多い。

 

リオ五輪出場を逃した後、次の監督決定まで4ヶ月以上を要した。男子は2大会連続で五輪出場を逃し、世界のバレーから完全に遅れを取っている。そんな中で監督候補に挙がったのは、中垣内氏、元代表主将・荻野正二氏、そして続投で南部正司氏だったようだ。外国人の名前は候補にも挙がらなかった。

 

木村会長は「外国の監督が全部ダメとは言わないが、2メートル近くの選手を集めて強いチームを作った監督が、体の小さな日本人を集めて強いチームを作る可能性は日本人より低い」と言った。

 

果たしてそうだろうか? 

 

そこで調べてみた。私はバレーボールに関しては素人で一人のファンにすぎないが、単純に考えても疑問に思った。

 

Vプレミアリーグ外国人監督チームは?


Como 2016-07-07 発売号
Fujisan.co.jpより

 

豊田合成トレフェルサ

 

アンディッシュ・クリスティアンソン(スウェーデン)監督は2013年に就任。3シーズン目の2015/2016年で初優勝に導いている。それまで優勝争いも殆どしてこなかったチームを3年でVプレミアリーグ日本一に仕上げた。

 

JTサンダーズ

ヴェセリン・ヴコヴィッチ(セルビア)監督、2013年に就任。7年下位を彷徨っていたチームを立て直し、2年後の2014/2015にはVプレミアリーグ優勝を果たした。

 

サントリーサンバーズ

チームは2012年にパウロ・モンターニャ(イタリア)監督を迎えた。2014年には後任に現在のジルソン・ベルナルド(ブラジル)監督が就任、2014/2015シーズンはVプレミアリーグ準優勝に。

 

現在行われている男子Vプレミアリーグには、上記3チームに外国人監督がいるが、わずか数年で好成績を挙げているではないか?3人のチーム作りや指導方法は三者三様だが、確実にチームを改革している。

 

もちろん、全日本の監督は世界を相手にするわけだが、“2メートル近くの選手を集めて強いチームを作った監督”でも、外国人選手を含むとは言え見事に小さな日本人選手ばかりのチームを掌握し強くしたではないか。木村会長のコメントに反論もしたくなる。

 

ゲーリー・サトウ監督の解任劇

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。