ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海老名香葉子さん 自分のがんより夫の死の方がショックだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歴史と伝統ある林家一門の大事な継承者として一族の期待を一身に背負う“大女将”海老名香葉子さん(83才)。香葉子さんは「昭和の爆笑王」として名を馳せた初代・林家三平(享年54)の妻。夫の死後は林家一門を「大黒柱」として必死で支えてきた。

 一門の切り盛りをしながら、家族についてや自身の戦争体験について語る講演会で全国を飛び回る日々。そんな精力的な香葉子さんだが、実は7年前に左乳房にがんが見つかり、手術をしている。

 手術のために入院している間、ふと頭に浮かんだことがあった。

「おばが、がんで若いときに亡くなったんです。首の付け根にふくらみができて、わかったときにはすごく進行していました。私は最後の最後まで見ていたけれど、結局50才で、結婚しないまま亡くなりました。そのおばの苦しんでいる姿がよみがえってきたんです。だから、がん=死、という怖いイメージがありましたし、自分の行く末をおばと重ねて考えることもありました」(香葉子さん・以下「」内同)

 しかし、肝臓がんで54才で亡くなった、夫の初代・三平の姿と自身のがんは「全く重ならなかった」と言う。本誌の取材にもそれまで明るく話していた香葉子さんが一転、身をかがめてうつむいて話す姿は、夫に先立たれるという悲しみが簡単に癒えるものではないことを物語っていた。

「夫ががんだとわかったときはもうかなり進行していて、余命1年と言われ、『先生、話が違います』という気持ちでした。その前に脳出血をしてリハビリをしていたから、同じ病院で毎月検査していたんです。にもかかわらず、肝臓がんを見落としていたの。

 新聞社に勤めていた甥が『これは医療ミスだから、ちゃんと話し合いをしなくちゃいけない』と言ったけれど、夫が『主治医の先生のことが大好きだから、争いは嫌だ』って」

 その後医師たちが、見落としたことをそろって謝罪に来た。また、最近になって初めて、夫の主治医が随分悔やんでいたと人づてに聞き、「夫の言った通り争わなくてよかった。どんな名医でも過ちはあるし、それを責めてはいけないんだ」と悟った。

 検診、そして治療…どの段階でも、医師の言葉をうのみにしてはいけないということは、この連載でも繰り返し伝えてきた。医師の「大丈夫」は100%ではない。何より重要なのは、自分の体の声に耳を澄ませ、異変に気づくことだ。

「ずっと抱えていた鼻炎や冷え性、低体温の症状を軽く見ないで向き合えばよかった。小さな鈴だと思っていた音が、気づいたら、鐘で襲ってくる」

 香葉子さんは自分に言い聞かせるようにそう語った。

 三平は当初、余命1年と言われていたが、半年になり3か月になり…結局、入院して3日目に亡くなった。

「治る病気なら一生懸命治すけど、そうじゃない病気ならすぐに逝きたいね」

 生前彼自身が話していた言葉通りの最期となった。

「自分ががんになると、残していく子供のことが心配になるけれど、自分の夫を亡くす方が、もっとショックでした。悲しみというよりも、悔しくて仕方がなかったんです。こんなに早く死んじゃうなんて…。

 夫の洋服だんすを開けて、中に向かって『なによ~!!』と言って気持ちをぶつけて、また扉を閉めるんです。夫に泣いた顔は見せたくないし、夫の写真も全部外しました。写真を見ると弟子も子供たちも泣いていたので、しまってしまいました」

 それ以降、「お父さんの写真は仏壇だけ」と決めた。そしてその日から香葉子さんは顔を上げて、再び「明るいおかみさん」として、子供や弟子を食べさせるため、夢中で働いて来た。

「こういう商売だから、倒れるとその時からお金が入ってこなくなりますよね。お弟子が?人くらいいたし、次男はまだ9才でした。みんなを食べさせなきゃいけないし、少しでもお小遣いをあげたいから、仕事をしなくちゃいけないな、って。

 頭をパーッと洗ってすぐ仕事に行けるように、髪を切ってショートカットにしたことを、今でも思い出します」

 そのパワーは、まだまだ一門を背負っていかなければいけないという使命感とともにあるのだろう。76才という高齢にもかかわらず手術と放射線治療に耐え、「病気になっても病人にならない」のポリシーで乗り越えた。昨年寛かん解かいし、今は広々とした海老名家でせっせと動き回る日々。12月に三平の待望の孫が誕生すれば、海老名家はますますにぎやかになる。

「もうじき6人目の孫が誕生します。今、嫁のお腹の中で動いてます。戦中を乗り越え、たくさんの家族に囲まれて、私は本当に幸せだなあと思っております」

撮影■本誌・太田真三

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
三平母・香葉子氏 嫁・国分佐智子に「特別扱いしませんよ」
三平と婚約の国分佐智子 小姑となる泰葉とまだ会っていない
国分早智子 海老名家の香葉子さん、美どり、泰葉と関係良好

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP