ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダンス世界5位 プーチン氏次女に日本政府が強い関心

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「解決に向けて道筋は見えてはきているが、そう簡単ではない」──11月19日、ペルーの首都リマでロシアのプーチン大統領と会談した安倍晋三・首相は、北方領土交渉の状況についてこう述べた。

 12月15日に山口県長門市で行なわれる予定の首脳会談を前に、プーチン氏から前向きな言質を取りつけたかった安倍首相の顔には落胆の色が隠せない。

 ロシア側の情報に敏感になっている日本政府は現在、意外な人物に注目している。プーチン氏の娘だ。

 ロシアでは大統領の家族や私生活についてほとんど報じられない。プーチン氏には2人の娘がいるが、かつて米テレビ局の取材に「我々にはテロリズムに関わる問題がたくさんあり、娘たちの安全を考えなくてはならない」と述べていたほど情報統制は厳しい。

 これまで謎だった2人の娘のうち次女について、昨年11月ロイター通信が大々的に報じた。次女のカテリーナさんは、ロシア大手銀行の株主で大富豪の息子を配偶者とし、ロシアで盛んなダンス競技「アクロバットロックンロール」の選手兼競技団体役員を務めているという。

 リズミカルな音楽に合わせて、舞踏とアクロバットの要素を統合したダンスで、2013年にスイスで開かれた世界選手権で5位に入賞した実力の持ち主だ。このカテリーナさんに日本政府が強い関心を示しているのだという。

「彼女はサンクトペテルブルク大学で日本語や日本史を専攻し、日本語に堪能。たびたび来日しており、プーチン氏の対日政策に影響力を行使する可能性がある」(日露外交筋)

 ダンス競技の普及活動のために来日することが多く、選手らを引き連れて首都圏や関西の大学などでダンスを披露したり、日本の国会議員と面談したりしている。

「普段は本名ではなく祖母の姓をもとにした名前を名乗っているので、プーチン氏の娘と気づく人は少ない。一昨年6月、関西の私立大学を彼女が訪れた時に間近で見たが、ロシア人としては小柄なところは父親似でしょうか。学生たちに手取り足取り熱心に指導していた」(日露関係に詳しいジャーナリスト)

 公安関係者によると、ダンスの普及活動の合間にSPを引き連れてショッピングを楽しむのが好きだという。原宿ではダンス用なのか、大量のレオタードを購入する姿も目撃されている。ちなみに好きな日本料理は湯葉だそうだ。

 もっとも、私人のカテリーナさんにまで関心を寄せるような状況そのものが、交渉が難航していることの証左なのだが。

※週刊ポスト2016年12月9日号

【関連記事】
ロシア通記者が露大統領再登板のプーチンの実像を記した本
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「プーチンの政策」
訪露の森喜朗元首相 銅像に献花しプーチン氏の琴線に触れた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP