ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

震災報道の慣例 ヘルメット控える東京アナと報道しないフリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月22日の早朝、マグニチュード7.3、震度5弱を記録する大地震が福島県沖で起きた。福島の沿岸部では3.11の東日本大震災以来となった津波警報が発令され、福島県内だけで3000人以上が避難した。

 NHKでは6時を告げる「おはよう日本」のタイトルコール直後に、「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」という第一報が流れ、福島第一原発の映像に切り替わった。各地の震度を伝えるなか、気象庁が津波警報を発令。その瞬間、落ち着いた口調で定評のある芳川隆一アナの声のトーンが一変した。

「津波警報が出ました。今すぐ逃げてください! 皆さん、東日本大震災を思い出してください。命を守るため、今すぐ逃げ……」

 一時音声が乱れるなか、「津波到達予想時間」が画面に出る。「宮城県6:20」、「岩手県6:30」などとあるなか、福島県だけは「すぐ来る 3m」の表示。

 画面上部には赤い囲みで「すぐにげて!」という巨大なテロップが出た。「すぐ避難を!」と何度かスイッチし、いざ津波が到達すると「つなみ! にげて!」の表記に変わった。

 まるで津波の恐怖を煽り立てるようなテロップや呼びかけに、驚いた視聴者も多かったはずだ。今回の地震がこれまでと違ったのは、民放各局もNHKのやり方に追随したことだった。朝の情報番組ディレクターが語る。

「NHKにならう形で、強めに呼びかけるように心がけました。『逃げてください』と連呼し、到達してからは、『津波の第二波、第三波のほうが(波が)大きくなることもあります』という呼びかけをするようにもなりました。東日本大震災で我々も学んだことです」

 各局の放送にはいくつかの共通点があった。

「各局とも、地震発生直後に福島第一原発の映像を流し、その後、小名浜港など沿岸部の映像に移った。情報を伝える優先順位を『1に原発、2に津波、3に地震』とし、地震による被害状況などを伝えるのはその後になりました。

 また、沿岸部などの定点カメラの映像がずっと続きましたが、震災報道でよくやる現地役所や住民への電話取材などは優先度が低いためかなり控えた」(同前)

 そんななかでも、各局の個性は出ていた。

 絶叫ぶりが話題を呼んだのがフジ「めざましテレビ」の三宅正治アナだ。54歳になるベテランの顔から普段の朗らかな表情が消え、「津波が来ます!」「今すぐ避難してください!」と叫び続けた。ただし、途中でかぶったヘルメットの紐が締められていなかったことに、一部から批判の声も。

「かつては震災報道にヘルメットは必須でしたが、東日本大震災で東京のスタジオにいるアナウンサーがヘルメットをしていることが『かえって被災地に失礼』と批判を浴びたことから、最近は控えています」(他局の情報番組スタッフ)

 日テレ「ZIP!」は桝太一アナと組んだ小熊美香アナが奮闘。

「小さなお子様がいらっしゃる場合は、抱きしめてあげて今すぐ逃げてください」
「お年寄りがいらっしゃる場合は、声を掛け合って今すぐ逃げてください」

 ここにも、東日本大震災で多くの子供や高齢者が孤立してしまったことへの反省と教訓がある。

 一方で憂き目にあったのが、TBS「あさチャン!」の夏目三久アナだ。メインキャスターの夏目アナが「緊急地震速報が出されました」と構えるも、すぐに局アナが「はい、お伝えします」と引き取り、以後、夏目アナは報道にノータッチだった。

「震災時の対応はフリーアナにはさせないというのが暗黙のルールなんです」(前出・情報番組ディレクター)

 各局を見比べた視聴者を戸惑わせたのは、津波到達予想の時刻表記に違いがあったことだ。

 前述の通り、NHKは「福島県 すぐ来る」だったのに対し、TBS、フジ、テレ朝は「福島県 6:10」。日テレも最初は6:10としたものの、その後は「いわき市小名浜 6:30」との表記が中心になった。

 気象庁は今回の津波警報を「福島県(津波到達が最も早い場所)」「いわき市小名浜」と県内地域別に発表しており、「どのように報じるかは各局の判断に任せている」(広報室)という。しかし、これでは視聴者が混乱してしまうのではないか。

※週刊ポスト2016年12月9日号

【関連記事】
「すぐにげて!」や「TSUNAMI」NHK津波警報の変化と狙い
「アウターライズ地震」向こう10年M7級の余震は続くと専門家
巨大津波の記憶 被災地に設置された到達水位の表示板で知る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。