ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3.11で日本沈没と騒いだ韓国 M5.8地震で日本に学べの大合唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 慰安婦問題への異様なこだわりをはじめ、韓国人の反日現象の最大の背景は対日コンプレックスだが、彼らはその不愉快な心理を癒す手立てをいくつか持っている。その一つは「日本は島国だ」という日本への嘲笑(?)だ。自らを大陸民族と思うことによって、島国の日本をケチな存在としてバカにし、癒されるという心理である。

 もう一つ「日本は地震が多い」というのもそれだ。韓国暮らしが長い筆者は、先の東日本大震災の時など「韓国に移住しなさいよ」「韓国に家を買っておきなさい」とよくいわれた。「いずれ沈没する日本」に比べ韓国は安全、安心だからというわけだ。実際、あの地震の時、韓国メディアは大見出しで「日本沈没!」と伝えて溜飲を下げた。

 だから「地震のない韓国」は、韓国人にとって対日コンプレックスの大きな癒しだったのだが、今年9月12日、観測史上最大規模のM(マグニチュード)5.8の地震が起き「韓国も安心できない!」といって今や大騒ぎになっている。数少ない対日優位意識が揺らいでしまった。

 しかもこれまで地震には何の備えもなかった国だから、早速、国を挙げて“地震大国・日本”に学べとなった。対日優越感が一挙に逆転し、また日本の後を追っかけることになってしまった。しばらくはもう反日どころではない。

 朝鮮半島は地盤が古くて固いところだから、M5.8といっても揺れは震源地の慶州あたりで震度4~5くらいか(韓国では震度を表示しない)。家屋倒壊などはなく、屋根瓦が落ちたり、土塀が崩れたり、ガラス窓が割れたりという程度だった。

 それでも慶州では人びとはパニックになり、屋外テント暮らしまでしていた。古都として観光で成り立ってきた街だったのに、修学旅行をはじめ秋の観光シーズンに客は半減してしまった。日本旅行での地震経験もそうだが、慣れていないだけに韓国人の地震に対する恐がりようは尋常ではない。

 経験がなく、備えもないから心配しだすときりがない。震源地の慶州に近い東海岸は韓国の“原発銀座”だ。建設時はまったく話題にならなかったし、誰も耳にしたこともなかった「活断層」の話が、急にマスコミを賑わしている。

 朝鮮半島には活火山は一つもないが、麓で温泉が出ているはるか北方の中朝国境の休火山、白頭山の“大噴火説”まで韓国人は気になりだしている。近年、中国サイドから「微動がみられる」というニュースがあるからだ。白頭山は10世紀に大噴火した記録がある。その噴火で麓にあった「渤海国」が滅び、火山灰は日本の東北地方にも堆積の痕跡を残している。

 ただ、白頭山噴火の影響となると韓国より北朝鮮だ。そこで朝鮮民族の祖先を生んだ「民族の霊峰」とされる白頭山の怒りが、金正恩体制に鉄槌を下すことを逆に期待する“噴火説”にもなっている。

 地震では1976年、M7.8の直下型地震で公式発表24万人、実際はその倍以上の死者が出たといわれる、中国・唐山市の地震が韓国にとっては気がかりだ。場所が朝鮮半島のすぐ西だからだ。

 韓国は住んでみれば分かるが、自然災害がきわめて少なく、自然が穏やかである。そのせいで人びとの関心、心配は「天災より人災」といわれる。人災の最たるものは戦争であり、それにつながる政治である。だから「自然は穏やかなのに人は激しい」のがこの地なのだ。

 地震をはじめ自然災害が少なかった韓国は、いわば“安全コスト”抜きだったためここまで短期間に発展したともいえる。低成長時代を迎え、さらに対北朝鮮コストも増えるなか、これまでのような「反日で心が癒される」という気楽な時代は終わったのだ。

文■黒田勝弘

【PROFILE】1941年生まれ。京都大学卒業。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長を経て産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『決定版どうしても”日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『韓国はどこへ?』(海竜社刊)など多数。

※SAPIO2016年12月号

【関連記事】
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
1年間で震度5弱以上の地震が70回発生 福島では26回も
北朝鮮と韓国との全面戦争はあるか? 専門家はないと説明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP