ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新感覚カルチャーパーティー『TOKYO BLACK CIRCUS』に金爆・鬼龍院翔がサプライズ出演!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月26日、麻布十番ELE TOKYOにて『TOKYO BLACK CIRCUS Vol.0(ZERO)』が開催された。

今回のイベントは、ファッションブランド「Roen」を筆頭に様々な流行を生み出してきた高原啓氏がプロデューサーを務めるクリエイティブカンパニー「connect HEART」のローンチパーティー。これまでにも音楽とリンクした様々なプロジェクトを行なってきた高原氏だけに、今回の新プロジェクトにもメディアが多数集まるなど注目度の高さを窺わせた。

この場で発表されたのは「connect HEART」による“デジタルアパレル”という概念。その第一弾となるのは、全世界で1,000万人以上がプレイし、国際大会まで開催されている日本No.1オンラインFPS『ALLIANCE of VALIANT ARMS (通称AVA)』とのコラボレーションで、ROENデザインによるアイテムが実装されるというものだ。

エキシビジョンでは、高原氏と『AVA』運営プロデューサーの井上洋一郎氏の対戦が実現。来場者の多くが2人の熱戦に大きな歓声をあげていた。このアイテムは12月7日(水)に実装される予定となっている。

そして、この“リアル+デジタル”、“ファッション+ゲーム”にクロスしたのが、ミュージック。「connect HEART」のコンセプトに賛同した豪華アーティストが多く出演し、イベントを終始盛り上げた。

高原氏もDJで出演し、自身のルーツである邦ロック中心にプレイ。特にチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」をかけると、来場者の大合唱を生まれるなど、フロアを熱気に包んだ。続くTOMOYUKI TANAKA(FPM)はYMOの名曲「RYDEEN」のマッシュアップでスタートし、ハウスを中心としたフロアユースの楽曲を次から次へと投下していく。

さらに終盤には、「昨日、このマッシュアップを作ってきました。この曲で盛り上がれば、シークレットゲストが登場するから、みんな盛り上がってね!」とフロアを煽ると、ゴールデンボンバー「女々しくて」のマッシュアップを披露。

会場全体のざわつきが収まらないまま、ステージに登場したのは、もちろん鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)。代表曲である「女々しくて」のサビでは、来場者全員が飛び跳ね、大合唱。その一体感に興奮した鬼龍院がフロアに飛び込む一幕もあり、この夜のハイライトとなった。

その後、EDM~ハウスのトップDJであるDAISHI DANCEがその興奮を継続させると、DAIKIとヴァイオリニストのAyasaのコラボレーション、ギターのはたけ(シャ乱Q)とDJのMARC PANTHER(globe)による奇跡のライブが実現するなど、『TOKYO BLACK CIRCUS』のコンセプトを体現するようなジャンルレスでハイブリッドな音楽を体感することができた。

“ミュージック+ファッション+ゲーム”の世界を融合し、デジタルとリアルのクロスポイントを射抜いた新感覚カルチャーの幕開け。「connect HEART」の今後の最新の動向を窺える『TOKYO BLACK CIRCUS』は、今後もファッションブランドのサイクルである秋冬(3~6月)、春夏(10~12月)に合わせて、定期的に開催されるとのこと。新しい東京のカルチャーが生まれる瞬間をその目で目撃しよう。

【公演概要】
『TOKYO BLACK CIRCUS Vol.0(ZERO)』

11月26日(土) ELE TOKYO

<出演者>

TOMOYUKI TANAKA(FPM)

はたけ(シャ乱Q)※LIVE

MARC PANTHER(globe)

DAISHI DANCE

DAIKI(from Octagon)

Ayasa ※LIVE

Yup’in ※LIVE

HIROMU TAKAHARA

■SPECIAL SECRET GUEST

鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)※LIVE

■DANCE PERFORMANCE

Asuka, Yumika, YU-KO,AyAno








カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP