ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鼻うがいで鼻すっきり、風邪予防にも効果的!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「鼻うがい」という言葉を聞いたことはありませんか。鼻洗浄ともいわれ、言葉通り、口のうがいをするように鼻を液体で洗うことです。鼻うがいをするのに最初はコツがいりますが、慣れてくると鼻がすっきりして、やみつきになってしまうほどです。鼻洗浄の効果とやり方、注意点についてご紹介しましょう。

鼻うがいが良いのはなぜ?

鼻をかむだけだと、どうしても鼻水を全部出しきれず不快感が残ります。しかし鼻を液体で洗うと、鼻水がきれいに除去されてすっきりするんです。しかし鼻うがいの効果はそれだけではありません。鼻うがいをすると、上咽頭(鼻から吸った息の通り道)を洗うことができます。上咽頭の場所は鼻の奥、そしてちょうど喉との境目辺りですが、上咽頭は埃や花粉、ウイルスが付着しやすい場所です。だから上咽頭を鼻うがいで洗い付着物を除去すると、花粉症を緩和したりインフルエンザなどのウイルス感染を防ぐ効果があるのです。また蓄膿症やアレルギー性鼻炎である場合は、鼻うがいで膿のような鼻水を取り除くことで鼻粘膜の機能を正常化し、症状を緩和することができるそうです。しかし蓄膿症の場合はやり方を間違えると悪化させることもあるので、医師に相談することをおすすめします。

鼻うがいをやってみよう

鼻うがいの方法ですが、うがいは真水で行ってはいけません。入浴時やプールなどで鼻に水が入った経験が一度はあると思いますが、真水を使うと吸った時に強い痛みがでてしまいます。それは真水は体液と浸透圧が違うためです。痛みを出さないためには、薬局などで鼻うがい専用液を購入するか、0,9%の食塩水を使います。

0,9%の食塩水を使用する場合

1,容器に30度ほどのぬるま湯1リットルを入れ、食塩を9g入れて食塩水を作ります。水は精製水か一度沸騰させた水道水を使用します。

2,片方の方の鼻の穴を押さえ、もう一方の鼻の穴から食塩水を吸い込みます。この時あまり強い圧力で吸い込まないようにし、また食塩水を飲み込まないようにしましょう。これを2〜3回繰り返します。

3,鼻から吸い込んだ食塩水を同じ鼻の穴から出して捨てます。慣れてきたら、ふさいでいる方の鼻の穴から、または口から食塩水を捨てるようにすると洗浄効果があがります。

鼻うがいで注意することは?

鼻うがいは下の方を向いたまま行いましょう。上を向くと食塩水が耳に流れてしまい、中耳炎になることがあります。また食塩水を飲み込んだり鼻うがい中に唾を飲み込む、あるいは鼻うがいの後、食塩水が鼻に少し残っている状態で鼻を強く噛みすぎても、耳に食塩水が流れこみ中耳炎になる恐れがあるので注意しましょう。
すっきりと気持ちがよくなる鼻うがいですが、やりすぎると鼻の粘膜を痛め傷つけてしまうので、1日一回だけにしておきましょう。

これからの時期、風邪予防をかねて鼻うがいを試してみてはいかがでしょうか。鼻うがいに不安がある方は、耳鼻咽喉科で指導してもらうこともできるので、相談してみてくださいね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP