ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トランプ政権でベンチャー企業はどう変わる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE SELECTION」。11月28日(日)のオンエアは、11月最後の日曜日ということで、イノベーター発掘プログラム「INNOVATION WORLD」(ナビゲーター:VERBAL)をお届け。この日は、ベンチャー業界で大注目されている投資会社「サムライインキュベート」のCEO、榊原健太郎さんを招き、「トランプ政権時代のベンチャー企業」についてお話を伺いました。

シリコンバレーが“トランプショック”に見舞われ、テクノロジー株が値を下げている現状ですが、榊原さんはこの状況をどう見ているのか聞いてみると、「株を持っている方とか投資家さんはそういうので一喜一憂してしまうんですけども。日本人は特にメディアに影響されやすいので…そうじゃなくて自分の周りにいる人とか、アメリカに住んでいる人に、聞いてみることが重要かと思います」と一言。

榊原さんはイスラエルでも生活しているそうで、ユダヤ人のネットワークで聞いてみると、選挙前から「トランプが大統領になる」という声が多かったそう。インターネットを使っていない層の声を聞いたら、そうなることがわかっていたのだとか。

では、トランプ政権になったことにより、これまでテクノロジーをリードしてきたアメリカは今後どうなっていくのでしょうか?

「テクノロジー系の会社って、“けっこう儲けてるのに税金をきちんとアメリカに入れていない会社”が多く、基本的にはこれに対して、トランプさんはいろいろ言っているわけで。アメリカを強くしようとするのであれば、税金をちゃんと払うスタートアップ(成長企業)がアメリカでも増えればいいと思うので、別にそんなに変わらないかなとは思っています」と榊原さん。

しかしシリコンバレーは世界中から色んな人が来ることを寛容に受け入れていた場所だったので、移民に対して厳しい意見を持つトランプ政権になることで、その点は心配しているそう。ただ、それと同時に、シリコンバレーに集まっていた優秀な人材が日本、中国、インドなど世界中に分散して良くなるんじゃないか、という期待もあるとのことです。

そして、トランプ政権になることにより「アメリカが強くなる」ことを予見する榊原さん。それが日本に与える影響については「ドルの価値が高くなって円安になると思います。日本のハードウェア系のメーカーさんが円安の方が業績が上がるので、日本にとってはプラスかな」と話してくれました。

榊原さんの話を聞き、VERBALも「良くも悪くも変化をもたらす政権ということになりそうですね」とコメントしていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「INNOVATION WORLD」
放送日時:毎月最終日曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP