ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリーゲーム発の『片道勇者TRPG』 プラス版が発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Steamにて全世界に配信されているフリーゲーム発のインディーゲーム『片道勇者』。「強制横スクロール」と「ローグライクRPG」というゲームアイデアを融合した本作は、もぐらゲームスでもレビューを掲載、また作者であるSmokingWOLF氏へのインタビューも行っている。

本作は、2016年6月にはTRPG作品『片道勇者TRPG』としても発売されている。そして11月19日、追加版である『片道勇者TRPG プラス』の発売が開始された。


『片道勇者TRPG プラス』

『片道勇者TRPG』のゲームデザイナーは、冒険企画局にて『ブラッドムーン』など多くのTRPGを製作してきた齋藤高吉氏。今年3月に行われた『片道勇者TRPG』のリリース発表会では「TRPG初心者にこそ楽しんでほしい」という想いや、「キャラクターの死をゲームシステムに組み込む」という独自要素などが語られた。

実際のプレイ感としては、ワンプレイ1~2時間という短時間で終わるお手軽さに加え、プレイヤーの行うロールプレイへのさまざまなサポートのための機能が組み込まれているため、初心者にもおすすめしたいTRPGとなっている。未プレイの方は、今回のプラス版発売を機に遊んでみてはいかがだろうか。

『片道勇者TRPG』

『片道勇者TRPG プラス』

(関連記事)
人気ローグライクRPG『片道勇者』がTRPGに!『片道勇者TRPG』が発売決定
ゲームの半分はフリーゲームとして作り続けたい ―開発者SmokingWolf氏インタビュー(前編)
行きて帰らぬ物語―いやプレイヤー的な意味で。 SilverSecond『片道勇者』レビュー

関連記事:

遊べるフリーゲームは全部で62作品!フリゲの投稿イベント「フリゲ展!2015春」が開催中。
スチームパンク風フリゲRPG『Pinocchio』。モノの声が聞こえる少年と、ロボットの女の子の物語。
今年のフリーゲームランキングは?「フリゲ2015」の結果がついに発表!

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP