ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

《男女別》乾燥しやすい部位ランキングベスト3!女性の1位はやっぱり…

  • ガジェット通信を≫


乾燥肌といっても様々なタイプがあります。肌質や体質、年齢、環境などで乾燥肌の種類が分かれ、それぞれケアの仕方や対策も異なります。

今回は医師に、男女別の乾燥肌の種類・原因・対策を詳しく解説していただきました。

乾燥肌の種類

一般的な乾燥肌

お肌のバリア機能が下がって、角質にうるおいを保てなくなったものです。

混合肌

脂性肌と乾燥肌が混在しているもののこと。不眠や栄養の偏りといった生活習慣やストレスなどによるホルモンや自律神経の乱れから、お肌の潤いと油分の均衡がとれなくなっていることなどが原因となります。

加齢による乾燥肌

加齢によって、皮脂や汗の分泌能力が下がり、また肌の水分も角質にある細胞間脂質が減っていくことによってより乾燥しやすくなります。

アトピー性皮膚炎による乾燥肌

体質的なものとアレルゲンによる刺激などでかゆみや炎症、肌の乾燥などがおこるものです。

男性の乾燥肌 〜 原因と対策 〜

内的要因

■精神的なストレス

仕事などによる精神的なストレスは、お肌の乾燥を引き起こすことがあります。

■食生活の乱れ

食事の時間が不規則であったり、 栄養バランスが偏ったりするケースも多いようです。

■睡眠不足

こちらもダイレクトにお肌の状態に影響しますね。

外的要因

■生活環境の乾燥

オフィスの空調などによっては極度に乾燥した環境に長時間いるケースがあります。

■スキンケアの不足

女性に比べると、毎日お手入れをする方は少ない傾向があるようです。

■髭剃りの習慣

摩擦や皮膚表面を髭と一緒に薄く削りとるような形になってしまうこともあります。

 

ケア方法

■ごしごしこすらない

洗顔やタオルドライの際に優しくお肌を扱うようにしましょう。

■シェービングフォームやクリームを使う

たっぷり使うことがポイントです。摩擦や皮膚と剃刀の直接のコンタクトをできるだけ防ぐことが大切です。

■スキンケアを行う

最低限、適切な洗顔と保湿、紫外線ケアは行う必要があります。

女性の乾燥肌 〜 原因と対策 〜

内的要因

■生理周期の影響

男性と比べ、最も違いがあるのがこちらだと思います。

■ストレス

仕事や家庭などのストレスも乾燥肌の原因となります。

■栄養不足

ダイエットのしすぎなども若い女性に多いようです。

外的要因

■空気の乾燥

オフィスなどの環境や、冬場は屋外もそうですね。

■スキンケアの負担

洗浄力の強すぎる洗顔料や、お肌に合わない化粧品を用いることは肌の乾燥につながります。

■洗顔時の水の温度

特に夜の洗顔の際に、お化粧などが良く落ちるように温度が高めのお湯を使う方がいますが、これは皮脂を落としすぎるのでよくありません。

ケア方法

■マイルドなスキンケアに変更

特に乾燥が進んでいるときは、刺激に弱くなっているのでシンプルな、香料などを極力含まない保湿力の高いものに変えてあげるとよいですね。洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料も見直しましょう。

■部屋の加湿

可能であれば、室内に加湿器を置くなどして部屋の加湿に努めましょう。

■ストレスケア

たまには自分へのご褒美で楽しいことをしたり、気ままに過ごす一日を作りたいですね。

男性が乾燥しやすい部位ランキング

1位:口の周り


髭剃りの刺激などにより乾燥を感じやすいことがあります。

2位:脛、太もも


こちらも皮脂腺が少なく乾燥しやすいですね。

3位:足の裏


特に冬場など、ひび割れを経験される方もいらっしゃいます。

女性が乾燥しやすい部位ランキング

1位:目の周り


皮脂腺が少なく、乾燥すると小じわなどが目立ちやすいですね。

2位:おでこ


こちらも粉をふいたりかゆみが出たりすることがある部分ですね。

3位:手の指の間


水仕事などによって非常に荒れや乾燥が出やすい部位です

最後に医師から一言

これからの季節、ますます乾燥が気になりますね。丁寧なケアで、今年はトラブルを最小限に抑えたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

乾燥肌や炎症を起こす原因って?冬ならではのお肌のお悩みを一挙解決!
乾燥肌に効く食べ物っていったい何?お肌のカサカサを外側と内側から
乾燥肌の方におすすめの正しい化粧直し 大切なのは適切な保湿ケア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP