ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セプテンバーミー、ココナッツ先輩(Ba)ラストツアーが大団円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セプテンバーミーのツアーファイナルが11月25日に新代田FEVERにて行なわれた。

この公演はセプテンバーミーのツアーファイナルであると同時に、ベーシスト・ココナッツ先輩のラストライブ。鳴り響く電子音の中メンバーが入場し、電子音に合わせて徐々に楽器隊が音を重ねてゆく。「今日という日が来て欲しかったような、来てほしくなかったような。そんなみんなの気持ちも全部、受け止めにきました。」とドイヒロト(Vo,Gt)が語り、「LOVEDIVER」「妖怪ダンス」「27club」と駆け抜け、興奮と緊張に包まれたライブがスタート。

タナカ・ターナ(Gt,Cho)が「今日はお前らのおかげで最高に楽しんでるよ、ありがとう! お前ら全力で楽しむ準備は出来ているか!」とオフマイクで叫びながら伝えると大きな歓声が上がり、ココナッツ先輩の実体験を元に作られた「CRシュレディンガーの猫」を熱演。「自分プログラム」「9020」「テレキャスターマジック」と演奏し、続けて「ハローグッデイ」のイントロが流れるも…ドイが「ちょっと待って! 俺たち、格好つけすぎてる!(笑)」と演奏をストップ。「いつものやってよ!」と言うと、ココナッツ先輩が「ウオーー!」と叫び、逆に会場をシンと静まらせた後、「いつも通りのアホな俺たちで行くから、お前らも楽しんでくれますか? 最後まで笑顔でいきましょう!」とフロアに漂っていた緊張感を和らげ、軽快に「ハローグッデイ」を演奏した。

終焉に近づいていく毎にメンバーもフロアも徐々に自分らしさを取り戻してゆき、ドイが「たとえ笑われても、1人にでも突き刺されば意味があると思って。今日も俺はステージに立っています。」と「僕らのイノセンス」を演奏すると、呼応するようにオーディエンスもどんどん熱を帯びていった。岸波藍(Dr,Cho)のキレのあるドラムとオーディエンスの掛け声・クラップが重なり合い、本編ラストは初めてリリースをした現在廃盤のライブ会場限定シングル「逆回転するハッピーエンド」で締めくくった。

アンコールを受けて再登場したメンバーは、本ツアーについての想いを述べる。ココナッツ先輩が「このバンドで7年間やってきたことは本当に誇りに思っているし、皮肉にも脱退することを発表して、こんなにも愛されていることを感じました。これからもセプテンバーミーを応援していてください。最後まで本当にありがとう。」と語ると、ドイも涙を流しながら「俺たちの過ごした7年間を、誰にも笑う権利はないんです。紛れもなくこの7年間は真実だと思うし、俺はこの夜を一生忘れない。俺はしゅんちゃん(ココナッツ先輩)とバンドを一緒にやれて本当に良かった。明日から新しい形になっちゃうかもしれないけど、絶対に変わらないもの、変えられないものがあるから。信じてついてきてください。 」と叫び、ラスト1曲「君と宇宙でスリーアウトチェンジ」を熱演。オーディエンスの大合唱を受け、涙は笑顔に変わり、今日という1日の幕が閉じた。

分かれ道になっても前に進むと決めたバンドは、来春EPをリリースすることも本ツアーで発表。今後の彼らにも注視してほしい。

photo by ハブ

【セットリスト】
1. LOVE DIVER

2. 妖怪ダンス

3. 27club

4. CRシュレディンガーの猫

5. 自分プログラム

6. 9020

7. テレキャスターマジック

8. ハローグッデイ

9. トケナイヨル、マジラナイヨル

10. 夕闇とサイレン

11. ロックスターに憧れて

12. 僕らのイノセンス

13. 幽霊ダイブ

14. 彼女inワンダーランド

15. 逆回転するハッピーエンド

en. 君と宇宙でスリーアウトチェンジ






カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP