体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乳がんに対するホルモン治療法 知っておきたい内容と副作用

生活・趣味

乳がんに対するホルモン治療法 知っておきたい内容と副作用
乳がんの治療として行われているホルモン治療。

それは一体どのような療法なのでしょうか? 

またどの程度の効果が期待されるのでしょう? 

さらにはその副作用などホルモン治療についてご紹介します。

要チェック項目

□ホルモン治療は正式にはホルモンを抑制する治療

□ただしすべての乳がん患者に効果的なわけではない

□さまざまな副作用や、長い治療期間が必要な場合もあるので専門機関に相談しよう

ホルモン治療とは

正式には抗ホルモン療法

ホルモン療法とは乳がんの治療の1つです。乳がんの促進を促してしまう女性ホルモンが働かないよう抑制する療法で、そのため正式には「抗ホルモン療法」といいます。

初期治療や術後、再発した人にも

乳がんの治療には主に外科手術、放射線治療、薬物療法という3つがありますが、ホルモン治療はそのうちの薬物療法の中に入ります。

ちなみにそのほかの薬物療法でいうと抗がん剤治療があります。ホルモン治療は乳がんのステージの初期に行われることもありますし、外科手術のあとに移行する場合もあります。

また再発した患者に使われるなど、さまざまな段階、いろいろな組み合わせで取り入れられています。

在宅で投薬治療、もしくは通院して注射

治療の具体的な内容としては、内服薬の投与、もしくは外来通院による注射の2通りあります。内服薬は基本的には毎日飲むものとされています。また通院による注射は皮下脂肪内に注射します。

どんな薬があり、再発率はどのくらいおさえられるのか

そもそも、どのくらい飲んだり注射しないといけないのか

乳がんのホルモン治療は、個々のかかりつけ医の判断によりますが一般的には5年の継続が求められています。

ただし最近は、術後5年経過してから再発する患者も多いため、医学界では10年間の治療がよいという見方も増えています。それでも5年間の服用で40%以上の再発を防ぐといわれています。

ほぼすべての患者が飲む内服薬

ホルモン治療薬には注射にしろ内服薬にしろさまざまな薬が使われています。その中でほぼすべてのホルモン治療を必要とする患者に適応されるのがタモキシフェン。

これは1日1回、5年服用が決まりとされています。これは再発率も半分近くに減少すると言われる治療法。女性ホルモンを受け入れる「受容体」をブロックしますので、効果が認められます。

皮下注射

もう1つの治療が皮下注射。この目的は卵巣機能を抑制するため。ゾラデックスもしくはリュープリンといった薬を注射します。

この注射の間隔はゾラデックスが4週に一度、リュープリンが12週に一度です。治療に必要な期間は2~3年とされています。

これら内服と注射を併行して行うこともあります。

ホルモン治療による副作用

精神的なつらさ

イライラしやすくなったり、うつ症状が見られたりします。また感情のコントロールができず、急に波が出て来たりするともいわれています。

また、眠りが浅くなるともいわれています。さらに治療期間が長いので治療そのものを辞めたいと医師に頼み込む方もいるそうです。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会