ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルコメ君がDJ MARUKOMEとしてDJデビュー、味噌汁のごとくフロアを温める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マルコメとアソビシステムのコラボレーションによって誕生したDJ MARUKOMEが、「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」にて、DJデビューを果たした。

DJ MARUKOMEは、11月26日、11月27日に東京・渋谷区の東京体育館で開催された「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」のメインアリーナ中央にあるYAGURA STAGE(やぐらステージ)で、集まった大勢のギャラリーを前に、アーティスト活動のテーマである「和と洋の融合」を全身でアピール。

また、会場には特設ブース「DJ MARUKOMEの部屋」を設置。ターンテーブルをはじめ、愛用の機材も公開され 「WATER(水)」や「DAIZU(大豆)」、「KOJI(糀)」、「SALT(塩)」のレベル調整機能、さらに「Tofu(豆腐)」や「Daikon(大根)」、「Negi(葱)」などの材料スイッチを備えたDJミキサーは、特に注目を集めた。

和と洋の文化、そして味噌汁をこよなく愛するDJ MARUKOMEの世界観が肌を通して伝わってくるスペースでは、多くの来場者が笑顔で記念撮影を行った。

YAGURA STAGEの壇上に登場したDJ MARUKOMEは、大きなアクションをまじえて、まず大勢のギャラリーにあいさつ。ミュージックスタートのポーズをきっかけに会場を響かせた曲は、誰もが知っている「あのリズム」。DJ MARUKOMEの軽やかな動きに合わせ、身体でリズムを刻むギャラリーの多くが、笑顔で「マルコメマルコメ」と口ずさみます。DJアレンジされたマルコメのテーマは、和太鼓演奏とのコラボレーションにより盛り上がりも最高潮に。

披露したのはわずか1曲だったが、DJ MARUKOMEの名を世に知らしめるデビューとなった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP