ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日経電子版で大反響「糖尿病予防なら歯医者に行け」は本当か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 予備軍を含めると国内の患者数が約2200万人に上るといわれる糖尿病。これまでダイエットや適度な運動が主な対策として考えられてきたが、糖尿病専門医が提唱したある意外な「予防策」が話題を呼んでいる。

〈糖尿病を予防したければ歯医者へ行け〉──こんな見出しが躍ったのは、日経新聞電子版に掲載された記事(11月14日)だった。糖尿病と歯医者という意外な組み合わせが大きな反響を呼び、電子版の「読まれた記事」の週間3位にランクインした。

 この提言を行なったのは、愛媛県にある、にしだわたる糖尿病内科・院長で糖尿病専門医の西田亙医師だ。西田医師自身、7年前までは「糖尿病予備軍」だったという。

「まさに『医者の不養生』です。体重は92キロもあって、血糖値は高め。それがある“きっかけ”で、予備軍を脱することができたんです」(西田医師)

 その“きっかけ”とは、歯医者に行き、歯周病の治療を行なったことだった。

「リンゴをかじると血だらけになるような、ひどい歯周病でした」という西田医師だが、歯磨きのたびにフロス(歯間清掃用の糸)で歯の間をきれいにし、定期的に歯科医に歯石を取ってもらうなど治療を続けたところ歯周病が改善。同時に血糖値が下がって「糖尿病予備軍」を脱することができたという。

 2つの病気には、どんな関連性があるのか。西田氏が解説する。

「最近になって、歯周病が重症化している人ほど血糖コントロールが悪く、糖尿病の罹患率が高いということが分かってきたんです。歯周病の人は歯肉が炎症を起こすと、炎症物質が口内に増えます。それが、歯肉の毛細血管に入り込むと血液を通じて全身に回ります。実は、その炎症物質には血糖値を下げるインスリンの働きを弱めてしまう作用があるんです。

 だから歯周病を治療して口のなかの細菌を減らせば、糖尿病リスクが減る。この『歯周病の治療を行なうと血糖値が下がる』という説は、すでに学会でも認められています」(同前)

◆「唾液」が大事になる

 一方、歯科医の側からも糖尿病と歯周病の関係を指摘する声が上がり始めている。『歯をみがいてはいけない』の著書がある、竹屋町森歯科クリニック院長で歯科医の森昭医師が話す。

「糖尿病患者や予備軍の方の症状のひとつに“出血しやすくなる”というものがあります。そのため、糖尿病の方で歯周病を併発している場合は、歯茎からの出血が悪化し、細菌が血管に流入しやすくなってしまいます」

 また、糖尿病の前兆として「口腔内が乾く」という症状があるが、それは唾液の分泌が少なくなることで引き起こされる。歯周病治療には「唾液の分泌」を促す口内のマッサージもあり、糖尿病の症状改善に一役買っているのだという。森医師が続ける。

「唾液には歯の汚れを洗い流す働きだけでなく、人体の傷を修復する機能も備わっている。ですから、私は歯周病治療の一環として、口の中をマッサージして唾液の分泌を促す処置をしてきました。

 歯周病菌の力を弱めるとともに、口の中の傷を治して、細菌が血管に入り込むのを防ぐ効果があります。患者さんからも血糖値が改善したという声が上がってきています」

 歯科医の側も経験的に糖尿病との関係を感じ取っていたのだ。さらに唾液の減少は味覚障害を引き起し、それが糖尿病の原因にもなる。

「味覚障害は偏食を引き起こしたり、味の濃いものばかり食べるようになったりすることが多く、それが血糖値を上げやすくする」(同前)

 歯周病は「人類史上最も感染者の多い感染症」としてギネスブックにも認定されているほどで、日本国内だけでも約8000万人もの患者がいるといわれる。

「歯周病の予防と治療で重要なのは、専門家による口腔内のクリーニングです。細菌の塊ともいえる歯垢や歯石を除去し、歯磨き方法の改善指導などを受けて、口の衛生状態を整えてください。もっと歯周病と糖尿病の関係の認知度を上げて、糖尿病専門医と歯科医が連携する道を探っていきたい」(同前)

 糖尿病と歯周病、2つの病気に思い当たる節がある人は、まずは歯医者に行ってみることが改善の第一歩になるかもしれない。

※週刊ポスト2016年12月9日号

【関連記事】
歯周病の人 成人病リスク4.5倍、妊婦の早産リスク7倍になる
歯周病 心筋梗塞・動脈硬化・糖尿病の引き金になる恐れも
歯周病のリスク たばこを吸う人は吸わない人に比べて5倍にも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。