ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「すぐにげて!」や「TSUNAMI」NHK津波警報の変化と狙い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月22日の早朝、マグニチュード7.3、震度5弱を記録する大地震が福島県沖で起きた。福島の沿岸部では3.11の東日本大震災以来となった津波警報が発令され、福島県内だけで3000人以上が避難した。

 首都圏でもかなりの揺れに見舞われ、慌ててテレビを付けた人も多かったことだろう。そこで目に飛び込んできたのは、これまで聞いたことがないアナウンサーたちの“叫び声”だった。

 NHKでは6時を告げる「おはよう日本」のタイトルコール直後に、「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」という第一報が流れ、福島第一原発の映像に切り替わった。各地の震度を伝えるなか、気象庁が津波警報を発令。その瞬間、落ち着いた口調で定評のある芳川隆一アナの声のトーンが一変した。

「津波警報が出ました。今すぐ逃げてください! 皆さん、東日本大震災を思い出してください。命を守るため、今すぐ逃げ……」

 一時音声が乱れるなか、「津波到達予想時間」が画面に出る。「宮城県6:20」、「岩手県6:30」などとあるなか、福島県だけは「すぐ来る 3m」の表示。

 画面上部には赤い囲みで「すぐにげて!」という巨大なテロップが出た。「すぐ避難を!」と何度かスイッチし、いざ津波が到達すると「つなみ! にげて!」の表記に変わった。

 その間の芳川アナの呼びかけは、どんどん語気を強めていった。

「3mは人の背丈の2倍の高さです。津波はものすごい力を持っています!」
「今すぐ、可能な限り高いところへ逃げてください!」
「決して立ち止まったり、引き返したりはしないでください!」

 まるで津波の恐怖を煽り立てるようなテロップや呼びかけに、驚いた視聴者も多かったはずだ。だが、それこそがNHKの狙いだったのだ。広報局が解説する。

「放送ガイドラインで、津波の恐れがある場合は、避難の呼びかけを最優先にすることや、アナウンサーは強い口調で避難を呼びかけ、ロボットカメラの映像や気象庁が発表する情報などを活用し、避難を強く促すことなどを定めています」

 NHKは3.11以降、避難が遅れて被害が広がったとの反省からガイドラインの見直しを重ねてきた。

 それが初めて実施されたのは、震災から2年近くが経過した2012年12月、宮城県三陸沖で起きたマグニチュード7.3の地震である。

 NHKの高瀬耕造アナが発した「東日本大震災を思い出してください」という緊迫した呼びかけは当時、波紋を呼んだ。NHKには、「震災を思い出してつらい」「もう少し冷静な呼びかけをしてほしい」との批判が数十件寄せられたという。

 それでもNHKは「一人でも多くの命を救う」ために、この方針を強化する。

 アナウンサーの呼びかけはさらに力強くなり、当初は「津波! 避難!」と漢字表記だったテロップも、「つなみ! にげろ!」と子供にも分かるひらがな表記に改めた。また、日本語の分からない外国人のために「TSUNAMI」と英語表記、さらにサブチャンネルとラジオ第2で英語放送があることも呼びかけた。

※週刊ポスト2016年12月9日号

【関連記事】
大地震の巨大津波対策 車で避難する場合には必ず窓を全開に
女性職員が津波に巻き込まれた南三陸町の防災対策庁舎の現在
巨大津波の記憶 被災地に設置された到達水位の表示板で知る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。