ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ねこふんじゃった』のバラード。こんなにも胸にくるのはなぜ…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ねこふんじゃった』でこんなに胸を揺さぶられた経験は生まれて初めて。

テンポよく軽快な『ねこふんじゃった』と思ってたら、いい意味でグッと裏切られます。

なぜか胸をキュンキュンとさせてくる伴奏。

大人の『ねこふんじゃった』の誕生です。

この動画は、クロネコヤマトが『ねこふんじゃった』をリバイバルして、作成したもの。

年末のいまの時期。一年を振り返るときのBGMにすれば、「今年もよくがんばったなぁ」と素直に自分をほめてあげられそうです。

ヤマト運輸

文/ダーシー

■ あわせて読みたい

スマホの中身はいまの自分。25歳NY在住アクターの場合
女性同士批判するのはもうやめよう。トランプ・ショックにアマル・クルーニーも発言
TRFの消臭DANCE! 今年の悔いをyheee!
インスタにライブ動画機能。もっと「リアル」をシェアしたい
SNSデトックスが進んでる。ケンダル・ジェンナーがインスタ消去
スマホの中身はいまの自分。32歳東京在住オリンピックメダリストの場合
今年もウニは食べられるようにはならなかった。UNTITLED BY KIKUNO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。