ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

携帯各社、2017年1月よりユニバーサルサービス料を引き下げ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI などの国内携帯各社は 11 月 28 日、携帯電話や IP 電話を持つ必ず毎月請求される “ユニバーサルサービス料” を 2017 年 1 月分より値下げすると発表しました。ユニバーサルサービス料は、NTT 東日本・西日本が提供する加入電話や公衆電話、緊急通報などの基礎的電気通信役務(ユニバーサルサービス)の維持のために回線を利用している事業者がその費用の一部を負担するもので、携帯キャリアでは従来は 1 回線あたり 3 円を毎月徴収していました。後払い式の携帯電話契約の場合、ユニバーサルサービス料はこれまで毎月 3 円でしたが 2017 年 1 月の改定によって月額 2 円(+税 = 2.16 円)に下がります。請求金額は 1 月分から自動的に改定後のものに変更されるので、ユーザー側で何かの手続き等を行う必要はありません。Source : ソフトバンク

■関連記事
NTTドコモ、中国における「海外1dayパケ」の利用料を12月から一日あたり980円に減額
大分放送、大分の観光アプリ「あいなび大分」をリリース
Pixel / Pixel XLでiPhone 7 Plusのスクリーンショット画像が乱れてしまう問題が発生

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP