ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FLOW、ファンへの感謝と未来への強い想いを乗せたツアー後半戦が終幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

FLOWが9月からスタートさせた『テイルズ オブ』シリーズのダブル主題歌を引っ提げた、全国ツアー『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016』の後半戦「炎ノ陣」が盛岡公演にて幕を閉じた。

シングル「風ノ唄/BURN」を引っ提げた今回の全国ツアーは内容の全く異なるターム「風ノ陣」と「炎ノ陣」に分けられ、後半戦となる「炎ノ陣」タームでは、人気ゲームシリーズPS3/PS4『テイルズ オブ ベルセリア』テーマソングである「BURN」を軸に、FLOWの数ある楽曲の中から“炎”にまつわる曲を集めた構成で全8公演を回った。

開演時刻と同時にSEが流れ、1曲目に期待が寄せられる中始まったのは本ツアーの顔でもある楽曲「BURN」。照明で真っ赤に染められたステージからギターが搔き鳴らされ、ボルテージMAXでライブはスタートした。

ツアー前半戦でもレコーディング前の新曲を2曲披露したFLOWだが、このツアー後半戦「炎ノ陣」ではさらに別の新曲が用意されていた。「まだレコーディングも何もしていない、これから育てていきたい2曲を持ってきました!」というKEIGO(Vo)のMCから始まったのは出来立ての新曲「アイオライト」と「EGO」。「アイオライト」はKOHSHI(Vo)作詞のミディアムナンバーで、まさにFLOWならではの応援ソング。一方の「EGO」はKEIGO作詞のハードロックナンバー。どちらもリリースは現段階では未定ということだが、近い将来聴ける日を楽しみにしておこう。

「“炎”といっても燃え盛る炎だけじゃないですよ」というKOHSHIの一言から始まった中盤では、ドラマ『探偵学園Q』の主題歌としてもヒットした「Answer」を中心に、静かに揺らめくキャンドルのような深い“炎”の世界へ誘った。そしてライブ終盤、「全国で燃え盛ってきたこのデッカイ“炎”を、更に大きくしようぜ!!!」というKEIGOの号令と共にはじまったのはTVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』主題歌「風ノ唄」。掛け声と共に会場いっぱいに拳が高々と掲げられ、このツアーの中で育ってきた力強さをみせ、その後は「JOY TO THE WORLD」「Sign」「GO!!!」など、最新アルバムから往年のライブナンバーまでを怒涛のように披露し、会場が大きな炎に包まれたように熱く燃え上がった。

「FLOWはこれまで何度も何度も皆に背中を押してもらって、へこんでる時は引き上げてもらってやってこれたバンドです。だからこそ、もし皆がうまく笑えてないなって時があるなら、絶対に俺らが皆の手をがっちり掴んで、引き上げるから。皆とはずっとそんな関係で居続けたいと思います」とファンへの感謝と未来への力強い想いをぶつけ、ライブの最後を飾ったのは「Hands」。キャンドルの炎のような優しく温かい明かりが会場を包み、“明日の自分を信じて 夢描いて行こう”という歌詞の通り、力強いシンガロングでライブは幕を閉じた。

ダブルAサイドシングル「風ノ唄/BURN」の世界が存分に楽しめる2つの異なる内容で回りきった本ツアー。12月31日(土)にはファイナル公演として、4年ぶりのカウントダウンライブ「FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017 刻ノ陣」がディファ有明で開催される。円形ステージでのライブになることを告知しており演出にも期待がかかる。一部エリアのチケットはすでに売り切れており、立ち見エリアと指定席Bのみを現在販売中。なお、早くも2017年にニューシングルの発売が決定しており、詳細は近日発表予定との事なので、こちらも是非楽しみに待っていよう。

【セットリスト】
01 BURN

02 CALLING

03 HERO ~希望の歌~

04 BCG

05 Chant

06 赤いサイレン

07 Steppin’ out

08 アイオライト[新曲]

09 EGO[新曲]

10 DAYS

11 ブラスター

12 Answer

13 UNION

14 アンタレス

15 風ノ唄

16 JOY TO THE WORLD

17 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ

18 BAND Inst

19 Sign

20 BLACK&WHITE

21 GO!!!

22 Hands

-Encore-

EN1 COLORS

EN2 Metamorphose

『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」~ディファ年明けシーズン3~』
12月31日(土) ディファ有明

※チケット発売中







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP