ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海鮮からB級グルメなどの名物も!和歌山の定番グルメとおすすめ店まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Provided by

こんにちは。Compathy MagazineのYumi Maedaです。
和歌山は、関西地方の南部に位置する都道府県の1つ。特急電車や高速道路などのアクセス網が充実しており、大阪から日帰りもできる観光地として人気を集めているエリアです。
皆さんは和歌山のご当地グルメについて、どんな食べ物があるかご存知ですか? 海に囲まれた和歌山では新鮮な魚介類を使った海鮮グルメをはじめ、さまざまなご当地グルメが存在します。今回は知る人ぞ知る和歌山の名物グルメと、地元民にも愛されるおすすめのお店を紹介します。

和歌山の定番グルメとおすすめのお店8選

1.海鮮料理:地元の新鮮な地魚を使用

Provided by

県の左半分が海に面している和歌山県は、古くから漁業が盛んなことでも知られる地域。マグロ、カツオ、クエ、シラス、タチウオ、タイ、ハモなどの魚が水揚げされ、季節ごとにいろいろなお魚を味わうことができます。
また新鮮な魚の調理法も、お刺身や海鮮丼、お寿司、浜焼き、めずらしいマグロカツなどさまざまです。和歌山の街中には海鮮料理が楽しめるお店がたくさんありますので、ぜひ気になるお店に立ち寄ってみましょう。

満幸商店:名物のシラス丼は絶品!

Provided by

満幸商店」は、和歌山市加太に位置する、淡嶋神社の参道に店を構えています。山盛りのしらすが乗ったしらす丼が有名で、トリプルサイズからミニサイズまで4種類から大きさを選ぶことができるのも魅力です。
ほかにも、豊富な海産物を堪能できるコース料理や海鮮丼、あわしま丼、うにトーストなど、たくさんのメニューからはどれを食べるか迷ってしまいそう……。和歌山の海鮮を味わうなら、ぜひ立ち寄ってみたいお店の1つです。

満幸商店 
住所:和歌山市加太118 淡嶋神社境内
電話番号:0734590328
営業時間:9:00~17:00、17:00~(夜は2日前までに要予約。コース料理のみ)
定休日:なし(ただし悪天候時は休業)
アクセス:南海電気鉄道加太線「加太駅」から徒歩約20分
公式サイト:満幸商店

 
海鮮寿司 とれとれ寿司:鮮度抜群のネタを使った寿司ならここ!

Provided by

海鮮寿司 とれとれ寿司」は、白浜にある寿司の専門店。漁協の直営店のためネタが新鮮であるのが特徴で、定番メニューは約100種類にものぼります。
人気のメニューは、海老三種盛、まぐろ三種盛などの三種盛シリーズ。日替わりネタも多いので、どんなネタが食べれるかは訪れたときのお楽しみですね。

近くには有名な海鮮市場「とれとれ市場」もあり、買い物や温泉、釣りなども楽しむことができます。駐車場も設置され、大阪からは高速バスも運行するなど、交通面の利便性が高いのも魅力と言えるでしょう。

海鮮寿司 とれとれ寿司
住所:西牟婁郡白浜町堅田2523-1
電話番号:0739421188
営業時間:11:00~21:30
定休日:なし(約2ヵ月に1回休業日あり)
アクセス:JR「白浜」駅から車で約5分
公式サイト:海鮮寿司 とれとれ寿司

 
紀ノ川水了軒:和歌山に訪れたら食べたいマグロカツ膳

Provided by
紀ノ川水了軒」は、阪和道紀ノ川サービスエリア(上り線)にあるレストラン。看板メニューはで、南紀勝浦漁港直送の新鮮なまぐろを使用した”まぐろカツ膳”が看板メニューとして人気を集めています。
まぐろカツ善は、少しレアな状態に揚げたまぐろのカツを、ブラックペッパー風味のクリームソースと一緒にいただく一品。サクッとした衣の食感の中に、ジューシーなまぐろの風味を感じることができます。こちらのまぐろカツ膳は休日限定のメニューなので、紀ノ川水了軒に訪れる際は注意してください。

紀ノ川水了軒
住所:和歌山市北野744 阪和道紀ノ川SA上り線
電話番号:0734618861
営業時間:7:00~21:00
定休日:なし
アクセス:阪和道紀ノ川サービスエリア上り
公式サイト:紀ノ川水了軒

 

2.中華そば(和歌山ラーメン)

Provided by

和歌山ラーメンは、県内で広く食べられるご当地ラーメンのこと。コクのある豚骨醤油味が特徴で、細めのストレート麺を使用した”中華そば”の愛称で親しまれています。
和歌山ラーメンでは標準のボリュームが少なめに設定されており、これは”早ずし”と呼ばれる紀州名物のお寿司を食べたり、ゆで卵と一緒に食べたりすることを前提にした文化に由来しているそう。和歌山市内だけでもたくさんのラーメン店がありますので、食べ比べて見るのも良いでしょう。

井出商店:昼食にぴったりのおすすめ店!

Provided by

井出商店」は、和歌山市内にある中華そば専門店。1954年創業の歴史あるこちらの老舗店は、かつてテレビ番組の日本一ラーメン決定戦で優勝したこともあり、”和歌山ラーメン”の名が全国に知れわたるきっかけとなったお店として有名です。
こちらの中華そばは豚骨ダシのしっかりきいた醤油スープが特徴で、麺との絡みも良くついつい飲み干したくなる絶妙な味わい。各テーブルには早寿司、巻き寿司、ゆで玉子も置いてあるので、こちらもぜひ挑戦してみましょう。

井出商店
住所:和歌山市田中町4-84
電話番号:0734241689
営業時間:11:30~23:30
定休日:木曜日
アクセス:JR和歌山駅から徒歩9分

 

3.めはり寿司(めはりずし)

Photo credit:By woinary from Osaka International Airport (Flickr) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

めはり寿司は、和歌山県南部の熊野地方を中心に親しまれてきた郷土料理。めはり寿司は高菜の浅漬けの葉でくるんだおにぎりのことで、元々は農作業や山仕事・漁村で食べるお弁当として用意されたのが始まりと伝えられています。
かつては麦飯でソフトボール程の大きさに作られていたと言われ、食べるときに目も口と同じように大きく張るところから”めはり寿司”と呼ばれるようになったのだとか。和歌山でファストフード的な感覚で食べられるめはり寿司は、シンプルながら漬物の素朴な味わいを楽しめると、地元の人から観光客まで人気を集めるグルメです。

総本家めはりや:持ち帰りもお土産にも買えるめはり寿司のおすすめはここ!

Provided by

総本家めはりや」は、和歌山県の新宮市と和歌山市に店をかまえる、めはり寿司の老舗店。1962年創業の老舗店で、伝統のめはり寿司をお店の中でもお持ち帰りでも楽しむことができます。
4個入り560円めはり寿司は注文してから作り始め、できたてのあたたかい状態で提供されるのも嬉しいポイント。その場で食べるもよし、お土産として持ち帰るのもよしの一品、ぜひお店に立ち寄ってみてください。

総本家めはりや新宮本店
住所:新宮市緑ヶ丘1-1-39
電話番号:0735211238
営業時間:10:00~23:00
定休日:水曜日
アクセス:JR「新宮」駅から徒歩9分
公式サイト:総本家めはりや新宮本店

 

総本家めはりや和歌山店
住所:和歌山市太田2-14-9太田ビル 103号
電話番号:0734884655
営業時間:11:00~23:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:JR「和歌山」駅東口から徒歩3分

 

4.クエ鍋

Provided by

西日本や東シナ海を中心に分布する天然のクエは漁獲量が非常に少なく、和歌山でも高級魚として知られている魚。和歌山では刺身などさまざまな調理法で提供されていますが、その中でも冬の時期のクエ鍋が人気を集めています。
歯ごたえのしっかりとしたクエの入ったお鍋は、ダシの効いたコクのあるスープも特徴の1つ。またクエにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、クエ鍋は健康的なグルメとしても味わうことができますね。

活魚・鍋料理 風車:絶品!天然クエを使った鍋!

活魚・鍋料理 風車」は、白浜にある天然本クエ料理の専門店。1年を通しておいしいクエ料理を提供しており、なかでも天然本クエ鍋フルコースが人気です。
クエの旨味が凝縮された鍋を、自家製のポン酢と一緒にいただくのがこちらのお店の特徴。席は個室でゆったりと食事を楽しむことができ、またお店の上は宿泊施設になっているなど、長時間の滞在でも満喫できるスポットと言えるでしょう。

活魚・鍋料理 風車
住所:西牟婁郡白浜町2319-6
電話番号:0739424498
営業時間:17:00~21:00
定休日:火・水曜日
アクセス:JR「白浜」駅から車で約10分
公式サイト:活魚・鍋料理 風車

 

5.さんま寿司

Provided by

さんま寿司は、三重県の志摩半島から和歌山県に至る熊野灘沿岸一帯などで食べられる郷土料理。昔からお祭りやお祝い事などで提供されてきた押し寿司の1種で、保存食から発展したグルメと言われています。
熊野灘で獲れるさんまは三陸沖から南下してきたもので、引き締まった身は脂が少ないのが特徴。さっぱりとした味わいのさんまは、押し寿司との愛称も抜群です。

徐福寿司

Provided by

JR新宮駅を出てほぼ正面にある「徐福寿司」は、1950年創業の老舗寿司専門店。熊野灘産のさんまは伝統の調理法(背開き、尾頭付き)で処理して塩漬けにし、和歌山県古座川産のユズ酢に漬けたあと寿司飯にのせています。
さんま寿司は1本650円からとリーズナブルな価格で提供されており、お持ち帰りにも対応しています。ぜひ実際に足を運んで、伝統のさんま寿司を体験してみましょう。

徐福寿司 駅前店
住所:新宮市新宮7050
電話番号:0735231313
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日
アクセス:JR新宮駅から徒歩1分
公式サイト:徐福寿司 駅前店

 

6.鯨料理

Provided by

和歌山県の太地町では、古くから鯨漁が盛んな地域。現在は鯨の食文化保護などのため捕鯨が規制され、鯨肉を使った料理は貴重となっています。
鯨は高タンパク、低カロリー、低脂肪が特徴で、健康面でも注目されている食材の1つ。現在はなかなか食べる機会の少なくなった鯨料理、太地町を訪れる際はぜひ挑戦してみてください。

くじら家:鯨料理を食べたいならここ!

Provided by

くじら家」は、太地町にある鯨料理のお店です。鯨のお刺身やカツ、竜田揚げなど、鯨を使ったさまざまなメニューが提供されています。
ほかにもルーにもカツにもクジラを使った”鯨カツカレー”や、ランチ・ディナーのコース料理も充実しています。夜は要予約なので電話での問い合わせをお忘れなく。

くじら家
住所:東牟婁郡太地町常渡2902-115
電話番号:0735592173
営業時間:9:00~16:00 (夜は予約のみ)
定休日:木曜日
アクセス:JR「太地」駅から町営循環バスで約5分、「常渡」バス停から徒歩1分
公式サイト:くじら家

 

7.せち焼き

Provided by

せち焼きとは和歌山県御坊市の名物で、焼そばを卵で固め円形に整えたグルメです。見た目はお好み焼きに似ていますが、小麦粉は使われていないため、意外とぺろりと食べることができます。
せち焼きは、御坊市のお好み焼き店「やました」で、当時のお客さんから「焼そばを卵でせちごうてくれ(焼そばに卵を混ぜてという方言)」という注文が起源であると言われています。ソースやマヨネーズ、かつおぶしなどのトッピングも用意されているので、こちらもぜひ挑戦してみましょう。

元祖せち焼き やました:せち焼きの元祖でせち焼きを食べよう!

Provided by

「元祖せち焼き やました」で1950年代に誕生した、せち焼きの元祖老舗店。考案した初代店主の似顔絵とせち焼きの名称は商標登録もされているそうです。
現在はランチの時間のみのオープンで、売り切れ次第閉店してしまうレアなお店。御坊市を訪れる際は、ぜひ立ち寄ってみたいグルメスポットの1つです。

元祖せち焼き やました
住所:御坊市湯川町財部49-12
電話番号:0738223227
営業時間:11:00~15:00(だだし、売り切れ次第閉店)
定休日:火・水曜日
アクセス:JR紀勢本線「御坊」駅より徒歩15分
公式サイト:元祖せち焼き やました

 

8.精進料理

Photo credit:By Chris 73 / Wikimedia Commons, CC BY-SA 3.0, Link

精進料理とは、仏教の戒律に基づき魚や肉などの動物性食材、五葷と呼ばれるネギ類に分類される野菜などを使わずに調理された和食料理のこと。和歌山県内陸部に位置する高野山は日本の仏教の聖地の1つとされ、名物の精進料理が味わえるレストランやお寺の施設がいくつもあります。
寺院と僧侶によって引き継がれた精進料理は、食材の素朴な味わいを体感できる伝統的な料理として国内外の旅行者にも注目されています。高野山を訪れる際は、ぜひ精進料理を通して日本の伝統に触れてみてください。

中央食堂さんぼう:手軽に行けるレストランで精進料理を楽しもう!

Provided by

中央食堂さんぼう」は、高野山にある人気の精進料理店。金剛峯寺をはじめ、周辺の寺院へ仕出しもしているお店としてエリア一帯でも有名なお店です。
こちらのお店で提供されている精進料理は、地元で採れる旬の食材や繊細な味付けにこだわった一品。メニューの種類も麺類から丼物など豊富に取り揃えています。弁当の販売も行なっているので、持ち帰りとして利用するのも良いでしょう。

中央食堂さんぼう
住所:伊都郡高野町高野山722
電話番号:0736562345
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
アクセス:南海高野山ケーブル「高野山」駅から徒歩約22分
公式サイト:中央食堂さんぼう

おわりに

海に囲まれた和歌山県は、季節の旬の魚を利用した海鮮グルメがたくさんあります。またほかにもラーメン、せち焼きなどのご当地グルメから、高野山の精進料理まで、グルメの種類も幅広い点が魅力ですね。大阪からは特にアクセスしやすくなっているので、日帰りグルメ旅もいいですし、宿泊して温泉・観光も楽しみながらゆっくりおいしいもの巡りもいいでしょう。
皆さんも和歌山県を訪れる際は、この記事を参考に、和歌山のグルメも満喫してみてください。

ライター名:Yumi Maeda
Photo by:

Compathyで和歌山の旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、和歌山を訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

和歌山の関連旅行記ブログ

*Yusuke Tomoiさん「そこは神へ通じる参詣道・先人達の御霊が安らかに祀られる聖地 ~ 熊野古道・高野山修験旅~」

*Shohei Watanabeさん「那智勝浦家族3世代一泊二日」

*Rikiya Saitoさん「2013_和歌山熊野・三重伊勢旅行」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP