ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『大銀魂展』内容が清々しいほど銀魂らしい「トイレと映像の融合シアター」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月23日~1月9日まで開催される『大銀魂展』(場所:秋葉原UDX アキバ・スクエア)の展示内容が新たに一部公開されました。

 『大銀魂展』は空知英秋さんの漫画『銀魂』をテーマにした展覧会。本作はアニメシリーズも展開中で、2017年1月8日からテレビ東京他にて新シリーズの放送が決定しています。ちなみにテレビアニメはこれまで夕方枠となっていましたが、今シリーズから深夜1時35分から(テレビ大阪では1月9日の深夜1時5分から)に放送枠をお引っ越しすることがつい先日発表されています。

【関連:アニメ「銀魂」新シリーズ決定!絶対これ実写化いじる気や……】

 さて、今回新たに公開された展示内容は「将ちゃんのもっさりブリーフ原画展示」「近藤さんの半ケツ原画展示」「マダオの踏める展示」「トイレと映像の融合シアター」。『銀魂』ワールド炸裂の珍妙な展示スタイルとなっており、どれもこれも「え…。原画展ですよね?」と突っ込みたくなる内容のオンパレードになっているそうです。

 期間中に前期(12/23~12/31)と後期(1/1~1/9)で展示の入れ替えが行われることも発表されました。「攘夷」を特集した各エリアでは、前期は「神威VS神楽」と「寺子屋時代」を、後期は「高杉VS銀時」と「攘夷時代~現在までの銀時たち」が展示されます。
 さらに映像コンテンツはトイレをモチーフに壮大なストーリーが繰り広げられる、会場でしか見られない超大作!?な「爆笑映像」となっているそうですよ。

 また、完全録り下ろしの豪華音声ガイドが「万事屋篇」と「真選組篇」の2種類用意されることも明らかとされました。内容は万事屋篇が坂田銀時:CV.杉田智和、志村新八:CV.阪口大助、神楽:CV.釘宮理恵、真選組篇が近藤勲:CV.千葉進歩、土方十四郎:CV.中井和哉、沖田総悟:CV.鈴村健一。貸し出しは1回の入場でどちらか1種のみとなるそうです。料金は1台700円で、約15分の収録が予定されています。

 そのほか、公式ホームページでは、日替わり展示エピソード投票を11月30日まで実施中。ここで選ばれたエピソードが1話まるごと日替わり展示されます。『大銀魂展』入場料は一般・大学生1,500円(1,400円) 、中学生・高校生1,000円(900円)、小学生500円(400円)、未就学児は無料です。
※料金はすべて税込。()内は前売料金。

将ちゃんのもっさりブリーフ原画展示

近藤さんの半ケツ原画展示

マダオの踏める展示

(C)空知英秋/集英社

関連記事リンク(外部サイト)

『勤番グルメ ブシメシ!』NHK BSで実写化 ほのぼの時代劇に期待大
菅田将暉&『帝一の國』赤場帝一写真にファン興奮 追加キャストもイケメン祭りだわっしょい!
あずまきよひこデザインの『ミス・モノクローム ダンボーver.』が商品化

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP