体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キーノート登壇を通じて知ったこと──澤円が伝授する「プレゼンを成功に導くシナリオ術」

「Microsoft Tech Summit 2016」で70分のキーノート登壇

去る11月1日~2日の二日間、お台場ヒルトンにてマイクロソフトのコーポレートイベントのひとつである「Microsoft Tech Summit 2016」が行われました。

延べ2,500名を超える多くのお客様が来場され、大盛況のうちに幕を閉じました。

このイベントのオープニングで開かれた120分のキーノートの中で、私は70分間のプレゼン時間をもらうことができました。

リアルに壇上から対面できるお客様が600名ほど。サテライト会場を含めると全体で1000名強。オンラインまで入れれば、それこそ数千人に迫るお客様に向けてプレゼンテーションをさせていただきました。

この中では、多くのデモ担当者や事例紹介をするパートナー様の登壇も含まれていたので、実質自分が話している時間は40分程度だったと思います。

とはいえ、ペースメーカーとしての責任は重大で、いかに他の人のプレゼンやデモが長引かないようにコントロールしつつ、かつオーディエンスの興味をずっとつなぎとめることができるか、実に多くの学びがありました。

この貴重な機会で得られた経験を、今回の原稿では紹介したいと思っております。

とにかく有能なプロデューサーが必要!

今回のキーノートは、ターゲットがIT管理者などの仕事をしている、いわゆる「ITプロ」の方々。そして、キーワードは「ITヒーロー」。年の下の力持ちになりがちなIT部門の方々や、インフラ管理系のパートナー様たちにヒーローになっていただくためのイベントとして位置づけられました。

澤のパートは大きく分けて3つ。「セキュリティ」と「マネジメント」、そして「イノベーション」です。

それぞれのパートでゲストスピーカーやデモ担当者が登壇したり、事例を紹介したりします。

キーノートの裏側には、実は数多くの関係者がいます。というのも、各製品担当部署やビジネス部門ごとに出したい情報があり、それを限られた時間の中で効率的・効果的に見せる必要があるのです。公平性も担保しつつ、インパクトも大事。なかなか難しい仕事です。

特に、事例は寸前まで内容が固まらないことが多々あります。どうしてもお客様との交渉に時間がかかってしまったり、お客様内部での調整が難航したりするからです。

また、どのデモにどの程度時間を使い、そのデモを誰が実施するのかなど、考えることは山のようにあります。

とはいえ、実はこの部分については、澤はあまり苦労をしていません。というのも、プロデューサーがしっかりと仕事をしてくれたからです。

デベロッパー エバンジェリズム統括本部のマネージャー、Drew Robbinsがその人。澤はDrewが創ったシナリオを全面的に信頼して、言われたとおりに行動するだけでした。

▲日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 ドリュー・ロビンス

Drewは、まずシナリオの外郭を作り、それをOneNoteに書いて関係者にシェアしました。シナリオごとにページが分けられており、そのフォーマットは統一されています。

関係者は、自分が担当しているシーンのページを毎日編集していき、進捗もそのページの中を見ればすぐにわかる状態になっていました。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。