ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「100%自然にかえる素材」を使ったランニングシューズ。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。

アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。

プロトタイプ「adidas Futurecraft Biofabric」は、普段使いにも良さそうな見た目。

素材を開発した企業Amsilk社によれば、使われている繊維は、ペン一本分の太さで荷物をいっぱいに載せたボーイング747(380トン)を引っ張れるほど頑丈で、通気性もあり、肌触りがなめらかでやわらかい。その上、従来の合成繊維より15%軽い。

クモの糸から着想を得て、タンパク質をもとにして作られたものだ。利用可能な天然素材のなかで最も強いという。

11月中旬、アディダスは海洋ゴミを再利用してつくるスニーカー「UltraBOOST Uncaged Parley」をアメリカで販売開始。それから間もなくして、このコンセプトシューズの発表があった。前例と同様に、およそ1年後を目安に販売開始される予定である。

“生分解性の製品を身につける”って、まだまだ身近じゃない。でも、すぐに特別なことではなくなっていくのかも…。Reference:AmsilkLicensed material used with permission by adidas

関連記事リンク(外部サイト)

プラスチックに代わる「天然素材」に世界が注目!
「スケートボード」で環境問題にアプローチ!?その素材はなんと・・・
原宿に現れた「カラフルなポスター」。そこに込められた環境問題へのメッセージが深かった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP