ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮り専用小型ドローン「AirSelfie」はマホケースに入れていつでも持ち歩ける!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AirSelfieスマホを持つ手を精一杯のばしての自撮りもいいが、もっと周辺の風景も入れて撮りたいという人向けの自撮り用ドローン、その名も「AirSelfie」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

このドローン、必要なときにすぐ取り出せるよう、専用のスマホケースに収納して持ち運べる。

・500万画素レンズ搭載

いつでもどこでも飛ばせるのが売り。搭載するレンズは500万画素となっている。

使う際には、まずケースからドローンを取り出し、アプリ(iOS、Android)を立ち上げる。アプリで自撮りモードを選んで「遠くへ」「近くへ」のボタンで場所を調整すれば、あとは写真を撮るだけ。

AirSelfie2自撮りモードのほか、バーチャルリモコンでマニュアル操縦できる「自撮りコントロールモード」、水平な状態でホバリングできる「フライングモード」もある。

・重さはわずか52グラム

撮影が終了してドローンをケースにしまうと、写真がWi-Fiを介してすぐにスマホに送られる。加えて、収納されたドローンは自動で充電される。

手のひらサイズの小型ドローンは珍しくないが、AirSelfieも重さ52グラムとポータブルサイズ。ケースそのものは9.45×6.74センチ、厚さ1.06センチと普通のケースに比べるとやや大きめだが、十分持ち歩きできる。

AirSelfie3・今なら2万1000円から

鳥の視点での自撮りを可能にするこのドローンとケースのセット、Kickstarterでは179ユーロ(約2万1000円)〜となっている。すでに調達目標額に達しているので、商品化はほぼ確実な情勢だ。

日本へも発送してくれるので、スマホケースからドローンを取り出して周りを驚かせたい、空から手軽に自撮りをしたいという人は要チェック。出資期限は12月24日、発送は来年3月を予定している。

AirSelfie/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2704117/video-721771-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。