ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Googleドライブの共有ドライブ機能「チームドライブ」の早期導入プログラムを受付開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 11 月 24 日、Google ドライブの共有ドライブ機能「チームドライブ」の早期導入プログラムの受付を開始しました。このプログラムは G-Suite を利用している企業や組織が利用できる機能です。Google ドライブでは通常 Google アカウントに紐づいた Google ドライブのファイルを共有する仕様となっているのですが、チームドライブはチームごとに新たなクラウドドライブが用意され、そこにファイルが保管されて共有できる仕様になっています。そのため例えば、これまでは共有しているファイルをに対して、そのファイルの作成者が共有を解除したりアカウントを削除した場合にファイルまで消えてしまっていたのに対し、チームドライブではチームドライブ内にファイルが残るため、ファイルが消えてしまうということもなくなります。チームドライブは G-Suite の管理者のみが申し込めるプログラムです。また G-Suite に登録しているドメインすべてを登録する必要もあり、登録したドメイン内でのみ利用することができるようになっています。そのため登録外のドメインを保有するメンバーとは共有することはできません。このほかチームドライブは、2017 年に発売される「Jamboard」とも連携して利用できるようになると予想されます。Source : Google

■関連記事
Patent Data Center、英語学習アプリ「An Instant Reply」に日刊英語ライフのコンテンツを追加
TELINK、IP電話アプリ「TELINK050」をリリース
Google、モバイルサイトに埋め込んだGoogleマップに2本タッチでのスマート操作を導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP