ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球契約更改 大減俸の大物から始まる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年の瀬も迫り、プロ野球界ではいよいよ契約更改シーズンが本番を迎えている。大幅アップもあれば大幅ダウンもあるのがプロ野球界だが、時には、選手個人の成績とは別の、球団の経営事情が影を差すことがある。

「チームで一番年俸の高い“プライスリーダー”が大幅ダウンを受け入れた場合、他の選手もダウンに応じざるを得ない空気ができる。球団はそれを利用して年棒総額を抑えようとする。そうした駆け引きも更改交渉の醍醐味です」(担当記者)

 6600万円減の年俸2億6000万円でサインした巨人・阿部慎之助(37)や“半減”の内海哲也(34)、56%減の7000万円を受け入れた楽天・松井稼頭央(41)ら、「大幅減俸で合意したビッグネーム」が更改シーズン序盤に呼ばれることには、きちんと意味があるのだ。

 球団ごとに年俸総額の予算も違う。ヤクルト、巨人、阪神で4番を打ったキャリアのある広澤克実氏は「同じような成績でも、やはりヤクルトより巨人のほうが厚遇だった」と振り返る。また、優勝すればチームの収益が上がるので、総年俸の予算も増やしやすい。反対にチームの低迷が続くと減収で予算が減り、補強がうまくいかなかったりしてチームは悪循環に陥る。

「広島は今年、黒田(博樹、41)が引退して年俸6億円が浮く上に、優勝による増収がある。他の選手の予算を確保した上で、黒田の穴を埋める補強費にも回せます」(前出の担当記者)

※週刊ポスト2016年12月9日号
選手によっては億単位の減俸も
【関連記事】
プロ野球契約更改でゴネる選手はいつも同じ 自信がないヤツ
成績不振の責任問われぬ落合GM 年俸カットの選手から不満も
プロ野球契約更改伝説 技巧派東尾、ボヤく江川、ゴネる福留

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。