体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新築マンション分譲時からコミュニティクラブ開始、その効果は?

新築マンション分譲時からコミュニティクラブ開始、その効果は?

マンションの良好な管理運営、資産価値の維持にコミュニティの重要性が注目されている。外部コンサルタントの協力を得て入居前からコミュニティ形成の支援活動を行い、その後入居者同士の自主的な取り組みが生まれ始めているマンションがあると聞いた。現在コミュニティクラブを運営している住民の方々に話を伺った。

得意分野のスキルを活かしてコミュニティクラブを運営

神奈川県横須賀市にある“ザ・パークハウス 追浜”は、約5万4000m2もの広大な敷地に5棟の建物が立つ総戸数709戸の大規模マンションだ。2012年から2014年にかけて順次竣工、分譲された。最寄りの京浜急行本線・追浜駅から歩いて10分ほどで到着するエレベーターホールからシャトルエレベーターで約59mもの高さを一気にあがると、そこには5棟のマンションと4つの庭園と2つの提供公園のある広大な1つの街のようになっている。

コミュニティクラブの運営委員は管理組合理事なども含めて10名。活動内容は、イベント等の企画・運営、登録サークルの募集や活動の承認、掲示板や会報誌を通しての居住者への告知などさまざまだ。共用施設が集まる建物のキッチンスタジオで、コミュニティクラブのメンバーとして活躍する3人の住民の方にお話しを伺った。※以下、役職はすべて2016年9月時点

コミュニティクラブの会長で管理組合の副理事長でもある阿波野さんは、生まれも育ちも横浜市の金沢区、追浜とは目と鼻の先という距離に住んでいた。地元と言っていいエリアからの転居だ。

「4年前に入居して以来、理事会とコミュニティクラブに参加しています。特に積極的にかかわりたいと思ったわけではないのですが成り行きで委員をすることになってしまいました(笑)。コミュニティクラブとしては夏祭りなどのイベントの開催やサークル活動のサポートが中心ですね」

同じように副理事長でコミュニティクラブではICTを担当する木澤さん(30代)は2014年に都内から転居してきた。「当時子どもが2歳、広くて自然がある環境で暮らしたいと家探しをしていました。海が見え緑が多く共用設備が充実していたのと、自分は事業を経営しているので通勤の必要がないこともあり、ここに決めました。理事会には自ら立候補して参加しました。マンションの運営も人任せではなく自分でかかわりたいと思ったんです」と積極的だ。

小美野さん(30代)はフリーランスのアニメーターで東京に仕事場がある。「以前も神奈川県内の団地に住んでいて自治会活動をしていた経験があります。高台にあるこの環境とコミュニティを大切にするというコンセプトが気に入って引越してきました」とのこと。マンション内のコミュニティ活動の必要性を痛感しているようだ。

最終期の入居からわずか2年で、すでに夏祭りを開催したり、サークル活動が始まっているのは、やはり最初からコミュニティクラブが設定されていただけのことはあるだろう。コミュニティ活動が盛んと言われるマンションでも入居後5年以上たってから着手されることが多い。その点でもスタートダッシュが早い。【画像1】ザ・パークハウス追浜の管理組合理事・コミュニティクラブ委員として活動中の3人、左から木澤さん、阿波野さん、小美野さん。取材当日は残念ながら台風が近づいており曇り空だったが、テラスの向こうには海と空が一面に広がる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会