体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人にはまだあまり知られていない、フランスの美しい世界遺産10選

2015年度、フランスのユネスコ世界遺産登録は41件。パリのセーヌ川やヴェルサイユ宮殿、モンサンミッシェルバドと日本人には観光でお馴染みの場所も登録されています。しかし、世界遺産のリストを見ると、あまり知られていない美しい場所や意外な場所も世界遺産として登録されているのです。今回は日本ではあまり有名ではない世界遺産にスポットを当てて紹介したいと思います。

シャルトル大聖堂

あまり知られていないフランスの世界遺産10選あまり知られていないフランスの世界遺産10選
パリのモンパルナス駅から電車で約1時間のところに位置するシャルトル。シャルトルのノートルダム大聖堂は中世時代から多くの巡礼者が集まった歴史的な場所。ゴシック建築の中でも最高峰としても名高いシャルトルの大聖堂は、ステンドグラスの美しさも有名です。「シャルトルのブルー」とも讃えられるほど、青のステンドグラスは圧巻の美です。

ブルゴーニュのブドウ栽培地

あまり知られていないフランスの世界遺産10選
ロマネコンティなど高級ワインが有名なブルゴーニュのワイン畑は2015年7月に世界遺産登録されました。「黄金の丘」と呼ばれるブドウ畑は美しいのどかなフランス特有の景色。秋はブドウ畑が黄金色に染まり、うっとりとする美しい風景となります。

ナンシーのスタニスラス広場

あまり知られていないフランスの世界遺産10選
20世紀初頭、ナンシーでアールヌーヴォーという美術運動が生まれました。植物の茎や蔓を彷彿させる曲線を自由に組み合わせるという新しい芸術様式。そんなアールヌーヴォーが現在もナンシーには残っています。スタニスラス広場はまさにアールヌーヴォーの栄華が残る華麗な広場なのです。

■あわせて読みたい

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと
【世界の可愛い雑貨】フランスのマルシェで見つけた雑貨たち/ポール・ヴァンドル編
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

ノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地

あまり知られていないフランスの世界遺産10選
ノール・パ・ド・カレー地方にある鉱業盆地は文化的景観として世界遺産に登録されました。世界遺産といえば美しいモニュメントをイメージしますが、こうした産業の発展の歴史的モニュメントもまた世界遺産になるのです。

ル・アーヴル、オーギュストペレによる再建都市

あまり知られていないフランスの世界遺産10選
ル・アーヴルといえば、第二次世界大戦で最も被害を被った都市の一つ。オーギュストペレがこの街の再建都市計画をおこないました。フランスをイメージする景観の美しさはありませんが、その都市計画の優れたモデルを見ることができます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会