ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夜中に何度もトイレに起きるようなら疑うべき!? 夜間頻尿とは?

  • ガジェット通信を≫


夜間、排尿のために起きなければならない状態を夜間頻尿といいますが、これはよくある症状で、男女とも年齢とともに増加していきます。寝ている途中で目覚めることが睡眠の質を低下させ、生活の質をも低下させてしまうので注意が必要です。
そこで今回は、やっかいな夜間頻尿について、医師に解説していただきました。

夜間頻尿になる3つの原因!

1.膀胱蓄尿障害(膀胱容量の減少)
膀胱の容量が減少して少量の尿しか膀胱にためられなくなる病態です。
“加齢”や“前立腺肥大症”、膀胱が過度に収縮してしまう“過活動膀胱“、ほかにも”膀胱炎“などが原因としてあげられます。

2.多尿(夜間多尿)
健康な人でも、水分を過剰に摂ると尿量が増加して多尿になりますが、自覚していないことも多く注意が必要です。
また脳下垂体ホルモンの異常でおこる尿崩症(にょうほうしょう)糖尿病などの内分泌疾患も多尿の原因となります。
多尿のうち、夜間に尿量が多くなる夜間頻尿の原因には、
・むくみ
・加齢
・慢性腎機能障害
・高血圧
・うっ血性心不全(心臓のポンプ機能が低下し、全身の血液循環が悪くなる状態)
・睡眠時無呼吸症候群(気道閉塞や脳疾患のため睡眠中に一時的に呼吸が止まってしまう疾患)
などがあげられます。
また、薬による影響もあります。

3.睡眠障害
夜間頻尿のために睡眠障害になることも多く、どちらが原因でどちらが結果か判断するのは難しいことが多いです。
睡眠障害の原因には、
・睡眠時無呼吸症候群
・不眠
・内服薬の副作用
などがあげられます。

夜間頻尿の対処法は? 全身疾患が見つかる場合も!

・排尿パターンの把握
的確な対処を行うため、まずはご自分の排尿パターンを把握することが重要です。飲水や排尿の量や回数、時間などをメモしてみましょう。
ちなみに1日の平均尿量は個人差がありますが1~2リットルくらいといわれており、体格にもよりますが目安として3リットルを超えると多尿といいます。平均尿回数は日中で7~8回くらいまで、夜間は0~1回といわれています。
Webサイトで記録用紙を公開しているものもありますので活用しても良いでしょう。1週間ほどつけてみるとよく把握できると思います。

・尿路疾患の精査と治療
前立腺肥大症や膀胱炎、過活動膀胱などの疾患が原因となっていないか、泌尿器科を受診し精査することが重要です。その際に、上記のメモが大変役に立ちますので是非持参してください。
泌尿器科では、尿検査や超音波検査を行います。他にも排尿した後に膀胱へ尿が残っていないか検査する残尿測定や、尿の勢いや排尿時間などの測定も行うことがあります。

・全身性原因疾患の発見と治療
夜間頻尿は尿路系疾患以外にも全身疾患が背景に隠れていることがあります。高血圧や糖尿病、睡眠時無呼吸症候群などの原因疾患がないか、検診や外来を受診することをお勧めします。

自分でできる夜間頻尿の予防法は?

・夜間や寝る前に水分を多くとらないようにする
心筋梗塞や脳梗塞の予防として睡眠前に水分を多めに摂取するという方が多くみられます。脱水は心筋梗塞や脳梗塞の原因となりますが、過度の水分摂取をしても予防にはつながりません。夜間頻尿にならないために、日中の活動時間に1日の大半量をとるようにしましょう。

・アルコールやカフェインの摂取量を控える
膀胱刺激のあるカフェインが多く含まれるコーヒーやお茶の摂取量を見直しましょう。アルコールは利尿作用があるばかりでなく、睡眠の質を低下させて浅い眠りになるため控えた方が良いです。

・むくみの解消
寝る前の飲水や塩分摂取が多いと体がむくみやすくなります。食事を見直してみましょう。また下肢を動かすとむくみが解消されやすいため、ストレッチやウォーキングなどの適度な運動を心がけましょう。

・睡眠の確保
睡眠薬などによる睡眠障害の治療も有効ですが、睡眠環境の整備(寝る部屋の温度・湿度や明るさの管理、寝具の調整など)をすることで改善することもあります。ご自分の睡眠環境をチェックしてみましょう。

医師からのアドバイス

夜間頻尿は受診する必要はないと考えたり、年齢によるものだからと諦めたりする場合が多いようです。
全身性疾患が隠れていることもあるため放置せず、まずはご自分の排尿パターンを把握して、おかしいなと思ったら受診することをオススメします。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【ガッテン!】 身近な三大不快尿トラブル 簡単トレーニングでスッキリ!
十月十日とはいうけれど…妊娠周期のかぞえかたを教えてドクター!
ストレスと頻尿って関係あるんですか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP