体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安心できない乳がん治療後の再発 知っておきたい再発と生存率の関係

安心できない乳がん治療後の再発 知っておきたい再発と生存率の関係
乳がんは症状が進行して重症化してしまうと、死亡率が高い恐ろしい病気ですが、初期に発見することができれば、手術により回復することも可能です。

ですが、一度手術して回復したら再発はしないのでしょうか?

今回は乳がんの再発や予防法についてご紹介します。

要チェック項目

□手術時にがん細胞を除去しきれないと再発する

□乳がんは10年たっても再発する可能性がある

□遠隔転移で再発すると生存率が著しく低下する

乳がんは再発するものなのか?

乳がんは早期発見の場合、治療することは難しくありません。日本でも毎年多くの乳がん患者を発見しておりますが、その多くが早期発見であり手術で回復しています。

がんは再発が怖い病気とも言われており、乳がんは再発する可能性が高いと知られています。

がん細胞が残っていると再発する

乳がんをはじめとするがんの手術においては、がん細胞を除去することで回復を促します。このがん細胞というのは、非常に小さな細胞です。

大きくなって固まっているものを除去したとして、治療完了と判断をしても、時に小さながん細胞が体内に残ってしまっていることがあります。

その小さな細胞が、再び活発になってがんが再発されてしまいます。乳がんというのは、がんを除去しきれないことも多く、手術によりがん細胞を除去したとしても、定期的に検査をして再発をしていないか確認しています。

再発の種類

がんの再発といっても種類があり、治療した場所で再発した場合は、局所再発といいます。また、乳房とは違う場所でがんが発見された場合は、遠隔転移という名前で区別されています。

乳がんの再発の可能性

乳がんの再発率というのは、比較的高く、また他のがんに比べ、長期にわたって再発が無いかを定期的に確認していかなければならない疾患です。

また、乳がんを除去してから10年を経過したからと言って、必ずしもがんを完治することができたとは言えません。

時に、がんは自身を休眠状態にすることにより、長期間の間活動を停止することがあります。そのまま活動しないこともありますが、ふとした時に再発するという可能性もあるのです。

そのような状況に備えるために、医師側でも定期的な健診をするようにしており、万が一乳がんは再発してしまったとしても早期で対応をできるようにしているのです。

乳がんが再発した場合のリスクや生存率

もし乳がんが再発してしまった場合、再発の種類によってリスクや生存率が変わってきます。

局所再発の場合

かつて手術をした乳房において再発してしまった場合、適切な手術療法などによって早期に回復することができます。

再発する場合、局所再発の可能性が非常に高いため、検査を定期的に行う事から、早期に発見することも多いです。

遠隔転移の場合

局所再発に比べて発見が遅れることも多く、転移する範囲も、肺、骨、脳と様々です。

そのため、リスクとしては非常に高く、がんの種類などにより異なりますが、5年後の生存率は30~10%、10年後の生存率は5~10%程度と考えられます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会