ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

演奏家必見!楽譜を二面で表示できる専用Androidタブレット「SONO」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

演奏家の日常は、意外とハード。楽器を携行し、なおかつたくさんの楽譜を持ち歩かなければならない。中には、総重量で10キロを超えるという人も。これでは演奏する前に、体がまいってしまう。

そんなプレイヤーのために、耳寄りな情報をお届け。楽譜を簡単に表示できる専用タブレット、「SONO」が開発されたそう。

・二面で二つ折りできる楽譜専用タブレット

「SONO」は、現役演奏家たちの意見を聞きながら、3年の歳月をかけて作り上げた製品。片面A4サイズ(13.3インチ)の液晶画面を、二面で二つ折りにできるAndroidタブレットだ。

この中に、楽譜表示に最適なアプリケーションを搭載。いつでもどこでも、気軽に楽譜を利用することができる。

アプリには、黒赤青の書き込みや消しゴム機能やしおり。複数のページを戻るといった、楽譜使用に必要な工夫が盛りだくさん。もちろん、他の演奏家との情報シェアもOKだ。

・多数の楽譜をプレインストール

片面でスコアを、もう一方でパート譜を表示することも可能。画面はスマホ同様、タップ1つで簡単に切り替えられるし、動画を見ながらスコアをめくるなど、片面ずつ違う動作もできるようになっている。

「SONO」にはまた、あらかじめ多数のピアノソロ、弦楽・管楽器アンサンブル、吹奏楽の譜面がインストールされている。スイッチをオンにすれば即、練習できるというわけだ。自分の楽譜をスキャンして保存したり、楽譜販売サイトから電子楽譜をダウンロードしてもいい。一人ひとりに合った使い方を提供している点も、この製品の大きな特長だ。

現在、Makuakeで支援募集中。目標金額は、すでに達成済みだ。公開は、2017年1月10日まで。早期割引価格は、A4サイズ一画面一台で8万4944円から。

SONO/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP