体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体温でわかる身体の状態 基礎体温をグラフで管理してセルフチェック!

体温でわかる身体の状態 基礎体温をグラフで管理してセルフチェック!
あなたは自分の基礎体温をご存じですか? 基礎体温を毎日測り、グラフにすることで月経周期や子宮に関する病気などが分かり、身体が今どんな状態なのかが見えてくるんです。

そこで、基礎体温の正しい測り方やグラフの見方、そこから分かる健康状態などを解説します。

要チェック項目

□基礎体温グラフは女性特有の変化や自分を知るバロメーター

□基礎体温は起きてすぐの寝たままの状態で計測する

□基礎体温グラフをきっかけに、生活習慣を改めれば、崩れたホルモンバランスも理想に近づけることができる

基礎体温は健康のバロメーター

基礎体温は、体内のリズムによって異なります。特に女性は、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つの女性ホルモンの影響により、約1ヶ月の間に低温期と高温期があります。

基礎体温を測ることでこれらの期間を把握し、女性ホルモンの分泌状態を知ることができます。そして、グラフにすることで排卵や月経周期、妊娠など体の中の変化など可視化できるようになるのです。

また、「朝起きてすぐの体温を測る」というのを見聞きしたことがある方も多いと思いますが、これは、活動前後の一般的な体温と異なり、寝起きは一番安静自他状態で、基礎代謝だけが反映された体温を測ることができるからです。

このことから、基礎体温グラフは、女性特有の健康状態や身体の変化を知ることができるバロメーター的存在だと言えます。

しっかり管理するための正しい計測方法

基礎体温は「寝起き直後の安静した状態」の時に計測するのが鉄則です。それは、ほんの少しでも活動することで温度が上がり、正確な基礎体温を測ることができなくなるためです。

ここでは、正しく基礎体温を測る方法をご説明します。

最低でも小数点第2位までは計測できるものを用意

基礎体温には低温期と高温期がありますが、温度差は大きく異なるわけではなく、0.3~0.5度程です。そのため、小数点第2位まで計測できるものでないと正確な記録ができません。

起きたらすぐ測る=枕元に用意しておく

基礎体温は体が休んでいる状態、つまり起きてすぐの寝たままの状態のときに測りましょう。理想は毎日同じ時間に測ることですが、難しくても「起きてすぐ」というところがブレなければOKです。

舌の下で挟んで計測する

舌の上だと、誤差が生じるため舌の裏側に挟んで計測します。裏側中央の筋の根元あたりに押し当て、口を閉じて測るのが正しい方法ですよ。

正しく基礎体温を測ったら、グラフにかき込みます。スマートフォンのアプリやインターネットサイトを利用するのも手軽に管理できるのでおすすめですよ。

また、月経などの情報や発熱、寝不足、寝坊、飲酒など体温に影響してそうな項目があれば、何かの影響を受けているのかが後で見返したときに分かるので、備考欄などに残しておきましょう。

毎日の基礎体温をグラフにしたら見方をマスター

基礎体温をグラフにしたら、今体の状態はどんな状態なのかが分かります。

基礎体温グラフから分かること

・妊娠しやすい日

・次の生理日

・体や子宮の健康状態

・妊娠の可能性

主に、これらの4つが分かるようになります。これを見分けるポイントは5つあります。

基礎体温グラフの見方

・最も基礎体温が下がる日はいつか

・高温期の期間がどのくらいか

・低温期の期間がどのくらいか

・低温期と高温期の体温差は何度か

・低温期の体温は何度か

理想的な基礎体温グラフは、月経開始から2週間ほどが低温期で、基礎体温が最も下がる日を挟んで高温期へ移行し、その高温期が次の月経までの2週間ほど続くグラフです。

月経の周期は個人差がありますが、キレイに2相に分かれていれば、女性ホルモンのバランスもよく、基本的には正常に排卵されており、妊娠に適していると言えます。

あれ? 理想パターンに当てはまらないときは心配?

理想のグラフになっていなかったら「病気」というわけではありません。ただ、体の中で何らかの変化が起きているということになります。今回は、妊娠に関わる無排卵と妊娠の可能性が分かるパターンをご紹介します。

無排卵の可能性が考えられるグラフ

・高温期が短い

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。