ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50過ぎでの結婚 出産や親の不介入などのメリットあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月15日発売の『FLASH』がタレント、エッセイスト、小説家などマルチに活躍する阿川佐和子さん(63才)の熟年ロマンスを報じた。

 お相手は阿川さんより6才年上の慶応大学元教授・Aさん。阿川さんはもともとAさんの妻と友人で、Aさん自身とも30年以上の友人関係にあったという。

 最近は芸能界でも、50代、60代での「熟年大人婚」は珍しくなくなった。桃井かおり(65才)は昨年、年上の音楽プロデューサーと63才で結婚。夏木マリ(64才)は59才、小林幸子(62才)は57才、根本りつ子(57才)は56才で初婚だった。

 阿川さんは20代、30代でお見合いを30回も経験したほど、結婚願望が強かった。あるインタビューで彼女はこう語っている。

《私は、子供の頃から、お嫁さんになって、子供を産むことが、いちばん自分の身の丈に合っているだろうと思っていました》

 しかし、いい出会いは訪れない。彼女は48才の頃、女性セブンのインタビューにこう答えていた。

《35才ぐらいまでは、“結婚こそわが人生”と思っていました。(中略)だけど、だんだん“そもそも私、本当に結婚したかったのか?”って思い始めたんです》

 そして「出産」の年齢的なリミットが近づいてくると、阿川さんに“心境の変化”が起こり始めたという。

《「独身で、子供のいない人生が不幸とは限らないだろう」って思ったら前向きになれて…。一種の“開き直り”のようなものが芽生えてきたんでしょうかね》

 週刊誌のレギュラー対談など連載を数多く抱え、人気エッセイストとしてベストセラーを連発。阿川さんは「働くシングル女性」の理想的存在でもあった。天海祐希(49才)、石田ゆり子(47才)、中谷美紀(40才)など独身で輝き続ける彼女たちは、多くの若い女性たちにとって憧れだ。彼女たちが「結婚できない女」というマイナスイメージで捉えられることは少なくなってきた。

 50才を超えてから恋愛、結婚をするメリットも多い。

「まずは出産で悩まずに済むこと。30、40代で結婚したカップルで、不妊治療の壁にぶち当たってギクシャクするケースは最近、本当に多い。次に親が介入しないこと。阿川さんも20代前半に交際していた男性との結婚を作家の父・弘之さんに反対されたと語っていますが、“ウチの子にはもっといい人がいる”“こんな家柄ではダメだ”と親の口出しは若い男女にとって、意外に高いハードルです。

 最後に金銭的に余裕ができること。早くに結婚すると、夫側の稼ぎに頼り、教育費がバカにならず、老後に夫婦で生活に困るということも多い。50才まで双方が働いていれば、そうした心配はまずありません」(熟年結婚に詳しいフリーライターの大宮冬洋さん)

 結婚・恋愛アドバイザーの松尾知枝さんも言う。

「20、30代で多くの女性が結婚に意欲を注ぐ大きな理由は、“子供を産みたい”ということ。ただ、働く女性にとっては20、30代はまだキャリア不足で、自分が思うような仕事ができない年代。40代になってようやく社会的に認められたり、責任あるポジションにつけるようになって、成果が出る。

 50、60代でやっと一息ついて、残りの長い人生を、同じ趣味や人生観を持つパートナーと寄り添いたいと思う。“20代で結婚しなきゃ”“絶対に子供がほしい”という固定観念さえ捨てれば、それはとても自然な感情なのではないでしょうか」

 もちろん、一度離婚を経験した後に、熟年結婚の相手を見つける女性も増えている。

「若い頃に充分な判断能力を持たずに結婚し、“こんなはずじゃなかった”と結婚生活に不満を抱くことはとても多いんです。“長い間連れ添ってきたから”といって、不満を抱えながら人生を終わるより、晩年になって素敵な恋をして、添い遂げるほうが、人生の最期の時をより幸せに過ごせるのではないでしょうか」(前出・松尾さん)

 確かに60才で結婚すればその後、仕事や子育てで忙しくない自由な時間を、たとえば20年も共に過ごすことになる。アラ還こそ現代の結婚適齢期で、60才を過ぎてこそ、本当のパートナーを見つけられるということか25年連れ添った隣の夫を見ながら、ついため息がもれてしまう。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
結婚報道の阿川佐和子 お相手の元妻が余裕のエール
デーモン閣下 阿川佐和子にヘヴィメタについて親切に解説した
阿川佐和子「女は論理的に考えられぬ」と父に“洗脳”され育つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。