ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やせる食べ順 野菜たっぷり→肉魚しっかり→炭水化物控えめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 幅広い年代の女性に支持され大ベストセラーになったダイエット指南書『やせるおかず作りおき』(通称『やせおか』)シリーズ。その著者・柳澤英子氏(料理研究家・編集者)は体重73kgだった5年前に自ら考案した食事法で減量を始め、1年後には47kgと、実に26kgものダイエットに成功。その後、リバウンドも一切ないという。

「食事を楽しみながらやせられないかと考えたレシピを実践しました。『やせおか』はそのレシピに加えて自分の体験を描いたので、読者にもわかりやすかったのではないかと思います」

 と柳澤氏は語る。現在は書店で品切れが続出する人気ぶりだ。11月11日放送の『金スマ(中居正広の金曜日のスマイルたちへ)』(TBS系)で紹介されたことで、部数も跳ね上がり、シリーズ累計で165万部を突破したという。

 従来のダイエット本では、カロリーを減らすことに主眼が置かれ、実際に作るとなると調理方法や材料の調達が難しいものが多かった。

「それでは面倒臭いだろうと思い、とにかく簡単に作れて、なおかつやせられるレシピを考えました。料理が苦手な主婦や、男性でも手軽に作れるのが大前提です」(柳澤氏)

 同氏のやせるレシピのキーワードは「血糖値」「酵素」「食物繊維」の3つだという。

「食後に血糖値が急上昇すると体脂肪が溜まりやすくなります。ごはんやパンなど糖質を含む炭水化物の摂取を減らし、血糖値の上昇を抑えることが大切。カロリーが高くても、糖質が少なければ太りません」(柳澤氏)

「酵素」は、代謝を高め、やせやすい体を作るために欠かせない。生野菜やヨーグルト、納豆などに含まれる。

 さらに、わかめやにんにくなどに多く含まれる「食物繊維」には、消化吸収のスピードを遅くし、コレステロール値を正常に保つ効果があるという。

 以上の3つに気をつけた「やせるおかず」を3食の中に取り入れた上で、大切なのが食べる順番だ。

「野菜をたっぷり食べる」→「肉や魚をしっかり食べる」→「炭水化物は控えめに」という順番・量の「食べ方」を実践することで、ダイエット効果はさらにアップするという。

「小腹がすいた時には、小魚やアーモンドなどを食べるのが良いですね。クッキーやケーキより歯ごたえがあるので、満足感も得られます」(柳澤氏)

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
DHC、キッコーマン…こんなにある! 人気レシピサイト
鶏を食べて減量するなら照り焼きとフライドチキンどっち?
「そもそも毎日30品目食べる必要はない」と管理栄養士が指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP